野球と父親

画像

昨日は、
ソフトボール日曜クラブの体験に行ってきました。

学校の部活とは違い、
校庭を借りてはいるものの、
監督やコーチはすべて子どもの父親たち。


ボランティアです。


やさしいパパたちが、
一緒に準備体操やキャッチボールを楽しんでいる。


学校の部活よりもずっと、
ほんわかノンビリなのは、多分そのせい。



青空の下、
そんな平和な様子を眺めながていると、
つらつらと……

居眠り。
(-.-)Zzz・・・・


…ではなくて。

よしなしごとを、思い出します…


雨の朝、
ちょっとだけ、
思い出ばなしをしてもいいですか?





今は昔…といっても、
実はほんの一年ちょっと前。


息子は、
地域の軟式野球チームに入っていた。



夫はヘッドコーチを務め、
私は母の会副代表。



平日、仕事をしながら、
グランドの確保、
お茶当番の確認、
ルールやスコアの付け方のお勉強、
時々、母同士の飲み会…

休日は一日中グランド。

毎日忙しくも楽しく過ごしていた。


夫も、
なかなか勝てない弱小チームを、
まだまだ幼い子どもらを、
なんとか上達させてやろうと、
熱心に研究しては指導していた。



息子はキャッチャーで副キャプテン。


夏はアイスやすいか、
冬は豚汁にココア。

差し入れを抱えて、
練習や試合を、
夫と子どもたちを見守った…



…今思えば、
絵に描いたような幸せだったと思います。




…そんな日々が、
どうして壊れたのか、
実は今でもわからない。



ある日突然、
本当に唐突に。

夫が理由も言わずに野球に行かなくなり、
私は他の母親たちからの質問と非難の矢面に立たされた。


辛い立場の中、
それでも練習に通う息子のため、
私も副代表 の任期が切れるまでは…
と、歯を食いしばって通い通した。



結局、
夫からは何ら説明も釈明もないまま。


息子は、
学校の部活に入れる4年生になったのを機に、
チームを辞めました…



……思えばあれが、
我が家の家庭崩壊の始まりだった。

その後、
夫は仕事まで辞め、
借金まで作って、
家を出た。



そして私は、
ひとり校庭の片隅で……


やさしい父親コーチと、
しっかり者の母マネージャー、
無邪気に無心に野球に打ち込む子どもたちを眺めている。

もう失って取り戻すことのない、

かつての自分達のような、
幸せな家族を。




…一体何がいけなかったのか。


誰が、何を、間違えたのか。

いつ、どこに、別れ道があったのか。



考えてもわからない。



もう、いまさら。
振り返ったところで仕方がないとはいえ…




グランドに立つとどうしても思い出す、
苦い過去なのでした…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年10月10日 07:57
おはようございます。
何が原因か分からないの?今も・・・?

町の少年野球でもサッカーでもそうなんだけど
親同士の対立とか親とコーチの対立とかで、よくもめてるって聞きます。野球は二つに分裂したし、コーチやら監督やら一時やめてたし・・・
口ウルサイ親が多いらしくて、少年チームから中学の部活にかわっても、今度は部活顧問ともめたりで、大変なようです。いじめもあるようですよ
2011年10月10日 09:17

みやさんへ

物思いにふける秋 ・・・
センチメンタルに なってますか ・・・

2011年10月10日 10:19
そんなに辛い過去をお持ちでしたか
考え深いです
なぜなんだろう・・・・。
幸せもあっという間に崩れてしまう時が
あるのですね
2011年10月10日 14:06
突然だったのですね…
人生は山あり谷ありとかいいますが
他人事じゃないような気がします。
2011年10月10日 14:44
なるほど、仕事の行き詰まりでなければ女かな?とか思うのは当て推量というものでしょうが、死んだ子の歳を数えてみても致し方ありますまい。
前を見据えて進んでこそ捨てる神も拾う神に変わってくれるものでありんす(^-^)v
2011年10月10日 16:47
何も話さないことは
無責任
そんなこともあるんだ、、、
2011年10月10日 16:59
どうしてだったんでしょうね。
何かが旦那さんの中で
あったのでしょうけど。
でも・・新しい生活が今までよりもっと
幸せになるようにと応援してますよ。
みや
2011年10月10日 17:14
ヒロさんへ。

そうそう、結構どろどろの泥沼ですね。今度はあまり深入りしないよう、母親同士の付き合いもほどほどなワタシです(--;)
みや
2011年10月10日 17:16
翔おじさまへ。

オバハンがセンチメンタルじゃ様になりませんが…(笑)
みや
2011年10月10日 17:18
まりたさんへ。

本当に、人生どこに落とし穴があるかわかりません。
本当に可哀想なのは息子ですけどね…
みや
2011年10月10日 17:20
どらさんへ。

人生は落とし穴や地雷でいっぱいなのかもしれません…(;_;)次はいいことがあると信じて、がんばります…
みや
2011年10月10日 17:24
達さんへ。

反省により同じ失敗をしないように、ということで…
しかし、捨てる神も拾う神も、もう男も結婚もたくさん。ただ静かに、平穏に暮らしたい心境です…やはり出家かしら?(^^;
みや
2011年10月10日 17:25
バクさんへ。

そう、まさにそのとおり、ちゃんと話してさえくれたら……それだけです。
みや
2011年10月10日 17:26
ぽりんさんへ。

応援ありがとうございます。
でも、幸せって何なのか、もうわからなくなりました…
2011年10月11日 05:17
おじさんの家庭も同じです。

ちょっとしたボタンの掛け違い

がはじまりでした。

おじさんの離婚記念日は、明日です。

色々考えてしまいます。
でも、子どものために、お互い

頑張りましょう!!
みや
2011年10月11日 05:59
かぜさんへ。

そうですね。まずは子どもたちのため、がんばります♪
テンプル
2011年10月11日 13:12
こんにちは。
いろいろな思いを胸に秘めてグランドを眺めているみやさんの後ろ姿が目の前にうかびそうな気がしました。元ご主人が何も言ってくれなかった。これは無責任だと思います…が、しかし他方、話して傷つけるくらいなら何も言わずに去ろうという人もおられるのかもしれません(結局その方がより深く相手を傷つける結果になるのに)。本当に酷い話です!!  ブログ内で「由なしごと」と書かれているように、みやさんは、それを考え思ったところで今更どうなるものでも…と思っていますよね。わかっていてもつい…ってことがよくありますよね、特に女は。私は「考え」と「気持ち=思い」は似ていて異なるものだと思っています。人間、いつでもしっかりしていられるわけがない!泣きたいとき、振り返ってしまうとき、そんな弱さがあるから人間なんだ!
みやさん、その弱い部分に胸を張りましょう!!
みや
2011年10月11日 18:00
テンプルさんへ。

心強いコメントをありがとうございます。
つい、離婚イコール失敗、と卑屈になってしまいますが、子どもらのためにも、胸張って生きていきたいと思います。
2011年10月13日 07:06
旦那さんの突然の変化、私も気になります・・・(-"-)
旦那さんにとっては話せないほどデリケートなことだったんでしょうかね・・・ほんと何があったんでしょうか。。。



みや
2011年10月13日 07:58
みつままさんへ。

まあ今さら理由を探っても、というところですね…結局のところはすれ違いの一言なのかもしれません。

この記事へのトラックバック