腹がたつ思い出


最近いろんな人に、
離婚をカミングアウトし始めたみやです。


そして気づいたこと…



誰も、なんで?とは訊かないんですね。



訊かれもしないのに考えるワタシ。



夫に失望した瞬間。



…いい話では決してないのですが、
もの言わぬは腹ふくるる心持ち。

ちょっとだけ、聞いてもらえませんか?


***********


それは娘が3歳の頃。

夫が横浜に住む親戚に、
子どもらを会わせたいと言い出した。



我が家から親戚宅まで、
電車で2時間。

折しも風邪の流行る真冬の頃。


保育園で風邪をもらった娘を連れての遠出…



始めから不安で不吉なお出かけだった。




…得てして、
こういう不安は的中するもの。


娘がいきなり、
電車で嘔吐。


咄嗟のことに、どうにもできず…

全身吐瀉物まみれの娘と私。

(それでもなんとか、座席や床は汚さなかった)


電車は当分停車しないし、
臭いや汚さったら、
そりゃあ周囲の大顰蹙…



娘は泣くし、
私だってもう泣きたい。



その瞬間、夫。

いきなり立ち上がって、
何も言わずに別の車両へ移って行った。


Σ(゜д゜;)




…以後、
目的地である親戚宅まで、
ずっと離れて他人のふり。



………。




ゲロまみれのまま、
下の子を抱き上の子の手を引いて歩く、
寒空の下、見知らぬ街…



……あのときの悲しさと悔しさ、
惨めさを、
私は一生忘れない。






……時々、

失業や借金だけなら、
夫婦で協力しあって乗り越えられたのではないのか?

なんて言う人がいますが。



協力しあうための信頼関係は、
この瞬間に完膚なきまでに壊れたのだと、
私は思う。




……その後も、
この出来事について詫びも弁明もなく、
何も語らなかった前夫。



多分、彼にとっては、
なんでもない出来事だったのだろう。



…私は一生忘れないけど。




…いや、
こんなくだらないこと、
早く忘れた方がいいですね。



忘れたいことこそ忘れられない。

これが、トラウマ?



腹が立つより、むしろ哀しい、
過去の思い出なのでした。



こんなつまらない話、
朝っぱらからスミマセン(汗)

最後まで読んでくださったみなさま、
ありがとうございました。
m(_ _)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年07月03日 05:39
最後まで 読ませていただきました ・・・
御主人の行動 ・・・
信じれません ・・・

2012年07月03日 06:09
息を飲んだ、涙が止まらない。
知らない人にでもハンカチくらい咄嗟に渡すよ。
ここまで書いて逡巡してますが・・・
箸の上げ下ろしで好きになれない事もあるからね。
でも、両こみやさんの親ですからね。
ある意味大切にして下さい。
失礼しました。
2012年07月03日 06:22
何ともやりきれない話だねぇ。

でも、そう言う人と一度は結婚したのも巡り会わせなんだろうねぇ。
可哀想に。
2012年07月03日 08:01
みやさん、おはようございます(^^)
そうでしたか・・・。
ホントにね・・・。こういう時って、その人の本性が出ますから・・・。
こんな男とは別れた方が、みやさんは幸せになれます。
って、離れて良かったですよ。
人間の本質ってあんまり変わりませんから・・・。何かよほどのことが無い限りは・・・。
これも人生勉強と思って・・・。
あ!この前のコメントですが、「今は」を書き忘れました
2012年07月03日 08:10
酷い話ですね。他人の振りとは…
フツウは引き返しますけど親戚のお家に行ったんですね。
こういうことって忘れませんよね^^;
2012年07月03日 08:23
おはようございます幼い男がよく見えた時もあったのかしら?
電車の中で、呆れる事もできない悔しさ、心中お察しします。
「行けない時は行けない」「行きたくない」と勇気を振り絞らなきゃいけなね。(今ならそう思えるが)

日々のみやさんの頑張りに励まされているよ。元気出して
2012年07月03日 08:35
おはようございます♪

何だか記事読んでて・・・
私の方が 怒り心頭です。
何だか やるせないですね!!!

2012年07月03日 09:12
自分さえ良ければ・・の人なんですね。
ひどいです!!
一緒にいてもこの先も
大変だったと思いますよ。
2012年07月03日 11:33
やっぱ 別れて良かった男なんですよ。
子供が具合悪い時に 電車で外出だなんて
親なら 考えませんよ。
まして他人のふりなんて…
どアホーっ! ですよ。
みやさん けっこう 気を使って暮らして
いませんでした?
2012年07月03日 13:20
記事読ませていただいて、怒りとせつない気持ちになりましたもん。
子どもが吐いたら、具合は大丈夫か心配になるはずなのに…。
私も、みやさんとお子さんにとって別れてよかったんだと思います。
誰でも自分は可愛いですが、結婚したり子どもができたら自分より大切なものができたって感じるんじゃないかと思っていたんですが、前の旦那さんはいつまでも自分だけが大事だったのかもしれませんね( ; ; )
2012年07月03日 14:52
なんだかガッカリですね。
我が家にはまだ子供はいませんが
家族が増えた時に、良くも悪くも初めて
本当の姿が見えてくるのかなって思いました。
2012年07月03日 20:28
夫として、男として、というより人間として「最低」ですよ。ええ。離婚を選択するのも当然です(汗)
みやさんもトラウマでしょうが、娘さんも相当傷ついたのではないかと思います。将来的に引きずってしまわないか心配です><。
せめて子供さん達にはそういう人間にならないよう、ビシッと躾けましょう。この「怒り」のパワーを「子供達の未来」のために捧げましょう^^
2012年07月03日 21:52
みやさん、本当に別れてよかったです。
我慢強くて、頑張り屋さんのみやさん。
きっぱり「離婚」の決断ができて偉いッ!!
ぺぱーみんと
2012年07月03日 22:51
本性をみた時のショックと失望感は、トラウマにもなりますね。
お付き合いしていた時には決して見せたりしないですもんね…
きっといつか、宝二つ残してくれた事だけは感謝できる日がきますよ。
2012年07月07日 10:49
みやさんが哀しく惨めな思いをされたことよくわかります。彼は自分が楯となって電車内の周りの視線から家族を守ることをせず逃避することを選択したのですね。許せませんね(怒)
そして、「今なら、今の私なら言えるのに」という悔しさもあるかもしれないと思います。過去記事内容も鑑みて、当時みやさんが彼に対してかなり気を遣っておられたのではないかとも思います。当時は必要としていた気遣いも今振り返れば不当というか腹立たしい気がします。(←もしも私がみやさんだったらと仮定したうえでの思いですが)う~ん、何度読み返しても許せませんね( ̄~ ̄)
みや
2012年07月08日 03:31
翔おじさまへ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました・・・
みや
2012年07月08日 03:32
さくらんぼさんへ。

ありがとうございます。
今は、子どもたちがこんな大人にならないかどうかだけが心配です。
みや
2012年07月08日 03:33
達さんへ。

父母にも同じことを言われました・・・そんな人間を選んで結婚したのも自分だろう、と。まさしく私の人生最大の過ちです。
みや
2012年07月08日 03:35
詩音連音さんへ。

私自身は別れてよかったと思うのですが、子どもらはそれでも父親を慕っているので、いまだ心中は複雑です。人間の本性って、なかなかわからないものですね。
みや
2012年07月08日 03:36
ヒロさんへ。

そう、引き帰らせてもくれませんでした(泣)
親戚のおうちだってそんな客が来たら困りますよね。ホント、つらい一日でした・・・
みや
2012年07月08日 03:38
pass子さんへ。

そうですね、NOが言えない私も悪かったかなあ、と今となっては思います。
みや
2012年07月08日 03:39
バンビ2さんへ。

後味の悪い話ですみません・・・でも怒っていただいて嬉しいです。
みや
2012年07月08日 03:40
ぽりんさんへ。

母子家庭になっても大変、暴君な夫といても大変・・・結局間違った結婚を正す道はどっちも大変なのですね(泣)なんでこんな相手と結婚したのか、本当にそれだけが後悔です。
みや
2012年07月08日 03:42
ひつじさんへ。

はい、磨り減るほど気を使って暮らしていました・・・そのがんばりも全くの無駄だったのかと思うと、すべてがむなしい気がします。
みや
2012年07月08日 03:43
ぽっこしさんへ。

本当におっしゃるとおりだと思います。
ご夫婦仲良く子育てしてくださいね。
みや
2012年07月08日 03:45
どらさんへ。

そうなんです、夫婦二人だけのときとは違う局面で、初めてわかることがたくさんあります。しかし、私の場合は人間を見る目がなさすぎたのかもしれませんが・・・(泣)
みや
2012年07月08日 03:47
mtsさんへ。

こんなネガな話に、前向きなコメントありがとうございます!
おっしゃるとおり、子どもたちには夫のような人間になってもらいたくないのです・・・
みや
2012年07月08日 03:48
sironさんへ。

優しいお言葉ありがとうございます。
本当は時々、もっとなんとかできたんじゃないか?って思うこともあるのですが、やはり別れてよかったと思うしかないですものね。まだまだ頑張ります・・・
みや
2012年07月08日 03:50
ぺぱーみんとさんへ。

宝二つ・・・感謝できるでしょうか?遺伝子半分があの夫だと思うと、時々つらい気持ちになります。悪いところこそ似てしまうのが恐ろしいです。って、母親がそんなこと考えちゃいけないですね。
みや
2012年07月08日 03:52
テンプルさんへ。

うまく書き切れなった感じを的確に言い表していただいてありがとうございます。最近は夫そのものより、そんな夫に適切に対処できなかった過去の自分に対して腹が立ちます。

この記事へのトラックバック