恢復しない家族

月最初の土曜日は心のドアを開ける日。
月に一度、カウンセラーに会う日です。


今回は初めて、子どもたちを連れて行きました。

家族療法はあまり好きじゃない、といいつつも、
カウンセラーからの提案です。

50分の面接時間に、母・息子・娘…
入れ替わり立ち代りでやや慌ただしい。


それでも、カウンセラーからは、

「みやさんが思ってるよりずっと、
お子さんはまっすぐちゃんと育ってます。
お母さんのことも大好きですよ」

なんて言われて、ちょっと安心。



私は何が不安なんだろう。

父親の不在?子どもたちの未来?自分の老後?

ときどき、なぜか生きるのがつらくなる。
ある日は、何もかもが嫌になる。
この先なんにもいいことなんかない、ような気がする。



帰り道、子どもたちにせがまれてお昼は外食。

(とはいっても、母子家庭らしくつつましく、
ヨーカドーのフードコートです

思い思いに選んだマックだのラーメンだのを頬張る子どもたちは、
無邪気にもこんなことを言う。

「まだ父ちゃんがいたころは、
この上のレストランでよくご飯たべたねえ」
「最近は母ちゃんが一生懸命ご飯つくるから行かないけどね」


こんな日が来ることを、ほんの数年前は予想しなかった。

つらい日々を乗り越えて、やっと今また歩き始めた毎日。

でも、こんな日もあと何年続くのだろう。


多分、それが不安の源。

幸せな家族の姿は、なぜか長く続かない気がする。



あまり先のことを考えるのはやめなさい。

自分の足りないところを数えるのはやめなさい。


そんなふうにカウンセラーに助言されるけど、
考えずにはいられない。


私の望みは、夢は、ただ普通の「家族」だったのに。

父がいて母がいて兄弟がいる普通の家族。
夫がいて妻がいて子どもがいる普通の家族。

…結局どちらも手に入らなかった。


諦めたら、ココロの平安は手に入るのだろうか。
どうやったらすっぱり諦められるのだろうか。


帰り道、息子がまた無邪気に言う。

「今日この話にもお金を払ったの?」

そう、母ちゃんは悩みを相談する相手も、
お金を払わないといないんだよね。


これが必死に生きてきた40年の結果。

なんだか嬉しいんだか悲しいんだかわからないわが人生。


多分私はさびしいのだと思います。過去も今も未来も、ずっと。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ヒロ
2014年03月07日 06:59
>ときどき、なぜか生きるのがつらくなる。
ある日は、何もかもが嫌になる。
この先なんにもいいことなんかない、ような気がする。

これ、ずっと思ってますよ。私もカウンセラー受けたほうがいいのかな?
今が不安だから先も不安・・・
ずっとそんな感じ。

とと
2014年03月07日 07:30
お金を払わないと相談相手もいない。


それが一番、不安になったり悲しくなる現実でしょうか。

私も結局同じです。

淋しいというか、哀しいというか心細いというか。
2014年03月07日 07:58
みやさん、もしかして寂しがっていることで心の安定を保とうとしているでしょう?
人は誰でも心細いし不安なものです。
一生良いことはないと思っていると、小さな良いことがあるだけで嬉しくなるからそれも生き方かも
2014年03月07日 11:22
こんにちは。

カウンセリング行かれてるんですね。
家族療法、少し抵抗あるかもしれませんが、
いいことだと思いますよ。
実は私、実際の仕事とは全然関係ないんですが、
カウンセラーの資格持ってるんですよ~。
心の扉を開くことはすごく大切なことです。
2014年03月07日 16:34
「でも、こんな日もあと何年続くのだろう。多分、それが不安の源。幸せな家族の姿は、なぜか長く続かない気がする。」・・・これに関して思うことはいろいろありますが大ざっぱにまとめると「先で来るか来ないかわからない不運に気をとられていると今日という時間の中でつまづきますよ」になりました。
みやさんのお話を側面から見るとね~私はみやさんの性格を羨ましいと思うことさえありますよ。
決して悪ふざけな気持ちで言うのではありませんが最後の一行に胸が締め付けられたし、たまらなく可愛く思えたりもしました。
でも「可愛い玉」を置くのもなんだかなぁと躊躇っていましたが京都の御仁という先客がおられたので私も心のままに置いときますね。
何もかもが嫌になったり生きるのがつらくなる。自分の中にわき起こるこの心境とガチで闘ったら私なんかこれまでにいったい何回死んでいただろうと思うときがあります。
小さなことでもいい、何か笑顔になれることがあれば人間って生きていけますよね。おちびちゃんらの喜ぶ顔はとても大きな「よかった」だと思いますよ。
何かで読んだのですが「喜べば、喜び事が喜んで、喜び事をまた連れてくる」とありました(^-^)






2014年03月07日 16:53
こんばんは。
ちゃーんと家族が揃っていたって、体裁整ってるだけの淋しいおうちだってあります。みやさんとこは、お子さんがすくすくと素直に成長されてて、誰より深くみやさんを愛してるのを、時々アップされてるお子さんの爽やかな笑顔から感じます。
きっと、誰もが何かしら満たされないものを抱えて生きているから、それが人間らしさなのかも。そして何かを望めば望むほど、遠くなっていくものかもしれないけど、その望みこそが生きる力になってくれるような気がします。

しゃあないな~、私のアホアホパワー送ってあげよう。辛くなったら、いっそアホになってみるのだ。真面目過ぎるねん、お利口さん過ぎるねん、頭空っぽにして一緒に踊ろか?
ヘ(≧▽≦ヘ)♪「アホの舞い」
2014年03月07日 18:47
こんばんは~♪

私なんか 一人で生活していて話し相手もいない。
なんで こんな生活なのか悩。んでいますよ
生きている価値があるのかないのか。。。
まあ 一生懸命働いてきた代償と思い、
甘えさせてもらって 生活しているんですよ。
ただし 体調が思わしくないのが 気がかりですかね。
私もカウンセラーを受けたい気分です。
2014年03月07日 22:08
こんばんは。

> 自分の足りないところを数えるのはやめなさい
気に障ったらゴメンなさいですが、私も同じようなことを言ってしまいそうです。みやさんには可愛いお子さんが二人もいらっしゃるじゃないですか。今の世の中では「普通」以上のことだと思えませんか? 今まで居た人がいなくなるのはそれは寂しいことでしょう。でも、その寂しさは時が癒してくれるだろうし、その「時」なるものは今は可愛いお子さんを頼もしい人生の支えにしてくれるはずです。自分には子供がいないので、みやさんに羨望にも似た気持ちさえ覚えてしまいます。
みや
2014年03月08日 04:03
ヒロさん

もしかしたら、母子家庭とか離婚とか関係なく、人間や人生の根幹にある想いなのかもしれませんね。
カウンセリングは、あまり効き目もない気がする今日この頃です。
みや
2014年03月08日 04:06
ととさん

相談相手がいない、それも物理的にいないというより、もう無邪気に人を頼れないというか、他人を信じる気持ちになれないというか。
なんだか虚無感と徒労感ありますよね。
あんまり考えない方がいいんでしょうけど。
みや
2014年03月08日 04:09
達さん

寂しさが心の安定、なのかなあ? さすが達さん、深いです。
最近は不幸も自虐ネタにして笑いとばす営業トークのひとつです。
みや
2014年03月08日 04:12
トトパパさん

カウンセラーの資格ですか!凄いですね。
私も大学時代にカウンセリングの勉強をしたことはあって、河合隼雄さんとかファンでした。
それが何かの役に立つのかというと疑問かもしれませんが・・・
みや
2014年03月08日 04:23
テンプルさん

本当はね、ここにはうまく書けないことや、書いたら軽蔑されるようなことも沢山あるんだと思います。ブログでは、できるだけ正直に、嘘のないように書こうとは思ってますが。
子どもたちとのことも、笑顔しか写真には撮らないですからね。本当はこの何倍も泣かせたり怒ったり暴れたりしてるわけで。そんな毎日が嫌だなあと思うと、未来を思ってなんとか我慢します。でも、未来にもいいことないんじゃないかっていうのが、多分「不安」の正体です。
何かを喜ぶって、結構エネルギーのいることですね。
みや
2014年03月08日 04:26
うきさん

あはは。アホアホパワー、確かに受け取りました!
私も職場ではアホキャラです。
下ネタ下品ギャグなんでもアリで、男子ドン引きのオヤジおばさん(笑)
最後は笑うっきゃないよね。
今日もアホキャラ全開で行ってきまーす!
みや
2014年03月08日 04:28
バンビ2さん

配偶者と添い遂げ、お子さんを無事育てて可愛いお孫さんまでいるバンビ2さんでも、そんなふうに思いますか。
人生って切ないですね。
みや
2014年03月08日 04:36
りうさん

独り身で子どもたちを育てていくのは本当にしんどいです。
子どものいない方には叱られそうですが、子どもも仕事も捨てて逃げてしまいたい、そんな気持ちになるときもあります。
それが我が家の現状です。うまく書けないので、不愉快に感じたらごめんなさい。
子どものいない不幸と子どもしかいない不幸と、どっちがどうって比べでも仕方ないのでしょうね。
私から見れば、りうさんがうらやましいですよ。
2014年03月08日 15:20
「ときどき生きるのがつらくなる」

みやさんのメンタル系の記事を拝見する度に、原因って何なんだろう?と常に考えさせられます。

現状の私の推測ですが、

みやさんはやっぱり心のどこかに「絶対的な孤独」があるんだと思うんです。世の中は変化します。そして変化した時にその心の奥底に潜む「絶対的孤独」が表面化するのが怖いのかな、と。
だからみやさんが求めているのは、その絶対的孤独に断固対抗できる「絶対不変の何か」なのかもしれないなぁ・・・なんて考えています。

コメントしていて自分でも意味不明ですが(苦笑)

小町
2014年03月10日 18:58
「恢復する家族」、小説にありましたね。私もシングルで子育てしています。世間で言うところの頼れる人、親兄弟すら居ない私は本当に誰も頼れないし、仕事も2つ掛け持ちでやっていても家計は火の車です。みやさんを見てると、まだ精神的にも金銭的にも余裕がおありで羨ましいくらいです。精神的にいくら辛くて相談したくとも、その病院代でさえ支払うのは惜しいです。不幸自慢なら負けませんよ。
みや
2014年03月10日 21:40
mtsさん

深い考察をありがとうございます。
「絶対的孤独」、まさにそのとおりかもしれません。
離婚とか失恋とかいう「相対的孤独」もありますが、やっぱり人間とか人生は本質的に「絶対的孤独」なのだという気がするし、だけどそれを癒す「絶対的愛情」みたいなものを希求している気もします。

…私も書いててだんだん意味不明になってきました(笑)

ひとついえるのは、なかなかリアルライフでそこまで語り合える相手がいないってことです。ブログってやっぱり素晴らしいです
みや
2014年03月10日 21:45
小町さん

コメントありがとうございます。
不幸自慢はするつもりないんだけど、自己憐憫だっていう自覚はあります。「それでもガンバルかわいそうな私」って思わなきゃ、なかなかやってられない感じです。すみません。
周りに母子家庭の仲間がいないので、ついつい愚痴ってしまいますが、給料や待遇に不満のない職業と、家族みんなの健康に恵まれていることは、確かに幸せなことだと感謝しないといけないですね。
小町さんも、お体たいせつにしてくださいね。
2014年03月13日 12:37
こんにちは
偉そうに私がコメントすることではありませんが、お子さんたちの笑顔からは真っ直ぐに、そしてしっかりと成長されていることがうかがえますよ。何事にも精一杯取り組んでいるみやさんの姿から子供さんたちは大切なことを学ばれているのだと思います。
子供に恵まれなかった私にはかけがえのない宝物を手にされているみやさんがとても眩しく映ります。
止めどもない不安や孤独感を感じた時はこのブログで吐き出したらいいのではないですか。ここにはみやさんのことを思う多くの友人がいるのですから
みや
2014年03月13日 21:30
ゆいさん

優しく暖かいお言葉ありがとうございます。
疲れとか寂しさとか哀しみとか、孤独感とか虚無感とか、なんだかわからない気持ちにさいなまれると、こうしてつまらない文章を書いてしまいます。自分でも何が言いたいのかよくわからないときがありますが、それでも暖かくコメントくださるみなさまには本当に感謝しています。

この記事へのトラックバック