幸せだなんて言わないで

これはいい傾向なのか悪化なのか、自分でもよくわからないんだけど。
最近は泣き言や愚痴を言うのも疲れる気がする。


どんなに不幸でも同情されない小憎らしいワタシが、
「可哀想キャラ」になれないせいなのか。
あるいは、誰しも他人の愚痴なんか聞きたくないということか。


たまにうっかり弱音を吐くと、必ず言われるこの言葉。


「でも世の中もっと不幸な人たくさんいるし!」

「みやちゃんはかわいい子どもが2人もいるんだから幸せよ!」


まあ、それは一面の事実なんだけど、
言われて腹が立つのは、これを言う人が必ず私より恵まれている人だからだ。

私とあなたとどっちが不幸か、なんて言わない。

でも、フツウに配偶者や家族があって、
家に帰ればその日の出来事を話す相手がいる人に、
「あなたは幸せだ」なんて言われたくない。

仕事で失敗して打ちのめされても、
セクハラ親父に吐き気がしても、
息子の成績の悪さも娘の反抗期も、
どこにも吐き出せず誰にも聞いてもらえない。


子どもが寝たあと、こっそり酒瓶相手に泣いてる自分が惨めったらしくてイヤだ。
画像
だけどほかにどうすればいいのか。
どうしようもないんだよ。


だからお願い。
たまに愚痴ったときぐらい、
口先だけでいい、一言だけでいいから、
「大変だね」って言って欲しいの。

それができないなら放っておいて。

この生活が幸せだなんて言わないで。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック