優しさの不快感

親切がかえってあだとなる。
悪気がないように見えて、かえってタチが悪いってことはありませんか?

その1。

娘がまだ小学校前のころ。
生え替わりの乳歯が中途半端に抜けなくなって、歯医者に行った。

近所で評判の、最新鋭の歯医者さん。
品のよい内装とBGM。
待合室には治療を終えた子の笑顔写真と寄せ書き、
診察台にはテレビつき。
親の付き添い椅子までついてます。
子どもには限りなく優しいお医者さんと看護師さん・・・

「お子さんが歯科医嫌いになると将来いろいろ困るので、
治療は本人にきちんと説明し、納得してから怖がらないよう行います」

気を使うのはいいのですが・・・

私と同じで生理的に歯医者が嫌いな我が娘、
お医者が説明に時間を使うほどに恐怖度アップ。
1時間近くかけて説得するも、
最後は泣き叫んでギブアップ。

日を改めてみても、拒否反応さらにアップ。
合計2時間、お医者も相当忍耐強い?

3度目の予約を入れたものの・・・
母には直感で思うところあり。
昔ながらの古びた歯医者の戸を叩く。

無愛想なお医者は、母にだけは説明したのち、
娘が椅子に座ると、怖がる暇もなく問答無用で引っこ抜いた!

泣く間もなく抜けた乳歯。

これまでの時間と苦労、ストレスと恐怖はなんだったのだろう。

余りにもあっけない幕切れに、母子ともに拍子抜け。

さて、娘にとっては、どっちの歯科医が恐怖と嫌悪を植え付けたでしょう。


その2。

息子が小学校低学年のころ。

「いじめ予防の時間」という謎の時間割がありました。
子どもたちに1週間で「一番いやだったこと」を書かせて提出。
内容によって個別対応してくれる、という一見ありがたい制度ですが・・・

「こみや君がいじめをしている節がある」

「いやだったことレター」に息子の名前があったとか、
いきなり学校に呼び出され、
担任教師にコンコンと「親の愛情不足」を説かれたワタシ。

やはり母子家庭、まっすぐ育っているような息子にも、
心の屈折があったのか・・・

しょぼくれて泣きそうな帰り道、
毎年息子にバレンタインチョコをくれる女子のお母さんに会った。

「もしかして、担任が何か言った?
ごめんねえ、うちの子ったら、
何も嫌なことがないって白紙で出したら担任に呼び出されて、
他に言うことがないからって、
こみや君に虫取り網を頭に被せられたって言ったんだって。
ただのふざけっこなのにねえ。
今日もふたりで学校に行ったのにねえ」



なんのこっちゃない、笑い話で済んだ息子の「いじめ疑惑」。

しかし、それにしてもこの一連の顛末は…

確かにね、紙を配っただけじゃ本音を書けない子もいるでしょう。
面接して初めて本音を言う子もいるでしょう。

それにしたって…

先生のこの熱意、誰かのためになってるんですか?

息子は鈍感だからいいものの、
相手の女の子もお母さんも、そして私も、なにか微妙に傷つけられた気がする。
でも相手が「善意」むき出しで迫ってくるので、苦情を言うこともできない。

「早く担任が変わればいいね」

相手のお母さんと顔を見合わせたのを思い出します。


この二つの話の結論。(長い話でスミマセン)

小さな親切おおきなお世話。

本人は優しいつもりでも、周りはあまり有難くない。

空気が読めない人にならないよう、ちょっと気を付けたいと思います。
画像
花のように黙ってそこにいられたらいいのにな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年05月12日 08:36
おはようございます。
子供って、オトナの本質を見破る嗅覚を本能的に持ってるような気がします。心にもない笑顔や態度をいくら向けられても全く心には響かないし、うわべだけのメッキは所詮剥がれるって事なんでしょうね。
( ̄◇ ̄;)

2015年05月12日 09:59
こんにちは。

歯医者はイヤですね。。。
私も大嫌い。
丁寧に説明してくるのはいいですが、
早くやって!って思いますね。
パッとやってパッと終わる方が、名医なのかもしれませんね。
2015年05月12日 19:07
こんばんは~♪

歯医者は嫌いですが 治療しないと。
大昔 妹の乳歯を 糸で引っ掛けて私が抜きました。
血が出たので ウガイさせて、
抜いた下の乳歯は 屋根へ上げましたよ。

我が息子は小さかったので、
悪ふざけが いじめのようでした。
先生と相手の子の母親とで話し合ってからは、
そんなことは無くなりました。
担任によっても かなり変わりそうですね。。。
2015年05月12日 19:30
こんばんは。
再び参上してスミマセン。
我が家の次男は、医者や先生に限らず初対面なのに変にスキンシップ取ってくる大人が大嫌いみたいです。「君のこと、ちゃんと分かってやるよ~」的な空気出されるのが一番イケスカンと。そういう事言う人に限って、一番何にも見えて無かったりするんですよね~(笑)
2015年05月14日 21:48
ひどい先生ですね~。(学校の先生)
白紙で出すってことは 何もないからじゃない?
それを 無理やり何か書かせるなんて 愚の骨頂だわ。
歯医者さんの話 面白かった~。
なるほど・・ですね。
みや
2015年05月15日 07:04
うきさん

そうそう、偽善的なものには敏感ですね。
くだんの歯医者も、自己満足っていうか自己陶酔っていうか、「子供に嫌われない歯医者さん」である自分が大好きなだけで、子どもが好きなわけじゃないって私から見てもわかりましたよ(苦笑)
みや
2015年05月15日 07:06
トトパパさん

目医者さんとか内科医とか、じっくり話を聞きたい人は3分診療なんですけどね(笑)
歯医者さんは私も苦手・・・ていうか、たぶん好きな人はあまりいない、かわいそうな職業なのかも?(^-^;
みや
2015年05月15日 07:07
バンビ2さん

あ、懐かしい♪下の歯は屋根へ投げる、上の歯は縁の下に投げる、って子どものころは必ず父がやってくれました。
今はマンションだけにそんなこともできず、桐の箱に2人分保管されています…他人が見たらちょっと嫌がるかも?苦笑
みや
2015年05月15日 07:09
うきさん

ああ、暑苦しいタイプですね(苦笑)
私もいきなりタメグチで近寄ってくるショップ店員とか美容師さんとか苦手です。親しみやすさと馴れ馴れしさは違うっていうか、やっぱり最初は礼儀っていうか、そういうの大事ですよね。
みや
2015年05月15日 07:11
あさがおさん

今思い出しても腹立たしいというか、嫌な先生でした…結局病気になって担任を持たなくなり、最後は大学院で勉強しなおすとか言っていなくなりました…その結果、むかーしチラっとブログに書いたかもしれませんが、急に担任がいなくなって困窮して「高校の体育専門の先生」が呼ばれたという…思い出すだにひどい話でした。とほほ。
2015年05月15日 19:10
歯医者さんの話、すごく共感できます(笑)
この前、眼科に行ったら、身構える暇を与えられないまま、「うん、緑内障だねぇ」って言われてきました(爆)最初は「そんなにバッサリ言うの?!」って思いましたけど、今考えれば、それで良かったのかなぁと感じています。
みや
2015年05月15日 21:20
mtsさん

前置きを長くして言いにくいことを言わずに悟らせるっていう戦法も、仕事ではけっこう使いますけど、自分がやられる側だったら、ジワジワ攻められるよりズバッと言ってもらった方がすっきりしたりしてね(笑)人に何かを伝えるって意外と難しいです。説明が長かったりコトが複雑だったりするときだけじゃなく、事実が簡単なときも。
2015年05月15日 22:41
行為の意図と結果は別物でしょう。
いくら善意をお持ちでも、結果を洞察できるだけの頭の良さとか慎重さが伴わないと、はた迷惑なことを引き起こしてしまいますね。
歯医者さんも、先生も、意図や良し、でも。。。
みやさんも大変ですねぇ。
みや
2015年05月16日 06:31
りうさん

おっしゃるとおりです・・・そして、とても残念なのは、これらの人たちが、意図さえ善良なら結果も良いはずだと信じていることですね。善良とか真面目であれば、それがすべての免罪符になると思っちゃってる。だからこそ余計にこちらは文句が言いづらくて腹が積んですけどね(苦笑)
しかし、ワタシも考えすぎですかね?こういう相手には、深く考えずにガツンと言い返した方がいい気もしてきました…

この記事へのトラックバック