登山未経験の素人、富士山に登る

画像
日本最高峰・富士山のてっぺんで、御来光。

大海原に登る朝日
の次は、雲海に登る朝日というわけで・・・

一生に一度は行きたいお伊勢さまへ参った翌週。
ニッポンジンなら一生に一度は登りたい、富士の山へ行ってきました。

最南端の次は、最高峰にチャレンジ。
しかも、頂上で御来光を望む=深夜の登頂という、難易度の高い挑戦です。
会社の先輩・友達のお誘いなのですが、
登山なんて高尾山くらいしか知らない初心者に、果たして登れるのでしょうか??


そんな心配をレンタカーに乗せて、早朝5時に千葉を出発。
途中でシャトルバスに乗り換えて、8時30分に富士スバルライン五合目着。
画像画像
快晴!さすが標高2,300メートル、空の碧さが違います。

これから登る富士山もキレイに見えました。
画像

高山病予防のため、この高度に体をならす。
ここでしばし休憩です。
画像
富士山メロンパン、焼き立てでふわっふわ。
甘いものを食べて、エネルギー補給。

9時30分、さあ登山開始。
画像画像
五合目は、別名「天地の境目」。
ちょうど森林限界線に位置するそうで、初めのうちだけ、まだ緑の木々が見られます。
画像画像
イタドリやオンタデ、そしてヤマホタルブクロ。

砂利や岩がむき出しの荒原で環境が厳しい富士山は、高山植物が少ないと言われていますが、
黒い山肌にはそれでも美しい色どりが。

しかし、山の天気は変わりやすい・・・
画像画像
あっという間にガスの中。

3つある富士登山道のうち、山小屋が最も多い吉田ルートは初心者向き。
こまめに休憩しながら、お昼過ぎに七合目に到着。
画像画像
七合目を過ぎると、緑が減って荒涼とした雰囲気。
画像
しかし、八合目まで来たら、急に晴れてきました。
画像
標高3,000メートルを超えました。
ゆっくり登っているのにすぐに息が切れる。
酸素が薄いことが自分の体で嫌でもわかる。
高地トレーニングするアスリートってホントにすごいわあ。ぜえぜえ。

それでもなんとか、今宵の宿に無事到着。
画像
山に詳しい先輩がとってくれたのは、八合目の「太子館」。

空気が薄くてしんどいけれど、空の碧さと真っ白な雲の海が美しい。
画像画像
深い深い青、純白が広がる雲海。

予定よりずっと早い13時30分に到着したので、
まずは無事の到着を祝ってカンパイ!
画像
高度3,000メートルは、絶景のせいだけでなくアルコールのまわりが早いわあ・・・

ちなみに、太子館はアルコール禁止。
一緒に行った男子が、少し上の山小屋まで買い出しに行ってくれました。
350ml缶が600円とお高めですが、その味はやっぱり格別ですよ。

山小屋の夜は早い。16時には、もう夕飯。
画像画像
富士の山小屋の定番はカレー。
そして、太子館はちゃんとおかずつき。
富士山まんじゅうがついているのもまた嬉し。

そして、食べたらすぐ寝る。
何しろ、出発は0時前ですから。
画像画像
寝袋でゴロゴロ・・・

もちろん男女同室。
隣には、会社の同期男子。お互い気まずいかと思ったけど、登頂の疲れか高いびき。
色気もへったっくれもありません(爆)

そして、23時起床。支度して出ようとしたら、なんと雷雨。
先に出たツアーの団体客が、途中で引き返して戻ってくるほど。

仕方がないので、雨が止むのを待ちながら二度寝。

雨が止んだ2時に再出発。
画像
見上げれば、ナニコレ!見たことのない星空。
画像
麓の夜景より、星が近い。まるで手が届きそう。

(上の写真2枚は、一緒に行った後輩男子撮影をお借りしました

そして、九合目を超えると、「御来光渋滞」。
頂上で朝日を見ようとする登山者で、登山道がいっぱいになるんです。
画像
その渋滞は、登山者のヘッドランプが光の列になって、麓から見えるほど。
要所要所に警備員さんがいて、交通整理をしてくれていました。

気温はたったの3度。
冷蔵庫より寒く、渋滞で身動きもままならないので、夏でもダウンジャケットが必要です。
しかし、酸素の薄さにフラフラなみやは、この渋滞のノロノロ歩きがちょうどよかった。

九合目を超えたあたりから、寒さのためか疲れのためか、同行者たちもみな無言。
寒さと空気の薄さで頭痛がし始め、もうダメだ~と思ったそのとき。
みやは富士山の頂上に立っていました!

月がキレイだ~。
画像
4時30分、富士山頂浅間大社奥宮、久須志神社に着。

たくさんの人が、御来光を待っていました。
画像

空が赤らんできましたが、雲が厚くなかなか太陽は顔を出しません。
画像

時間が決まっているツアーの人たちが下山し始めた5時25分・・・
画像
待ちに待った御来光が輝きました。

雲海に登る朝日。
画像

雲を抜け、これまでの道のりを照らす、まぶしい光。
画像
登頂中の苦しさとは別の意味で、みな無言です。

そして、あっという間に山頂にも朝が訪れました。
画像

最高峰で見る朝日の、ほんの一瞬の美しさ。

この一瞬のために、人は3,700メートルを登るのですね。

そして、我に返ると凍えるほど寒い山頂。
山小屋で休憩して女性陣は豚汁、男性陣はラーメンを食べましたが、これがものすごく美味しかったです。

しかし、厳密に言うとここはまだ「最高峰」にあらず・・・
本当の最高地点、3,776メートルの剣ケ峰は火口の向こう側。
画像
御来光の感動をエネルギーに変えて、最高峰を目指します。
やっぱり空気が薄くてつらいわ~。そろそろ体力の限界。
画像画像
しかも渋滞してるし。

それでも無事到着!
画像
ここが3,776メートル、正真正銘の、日本最高峰。

43歳にして登山経験なしのド素人が、よくここまで登りました!

一生一度の経験ができて、もう思う残すことはありません。

しかし、もちろんこれで終わりとはいかない。
登った分だけは、降りなきゃいけない。
さあ、下山です。

一緒に行った男性陣は「ヒザにくる~」と下りの方がツライ様子。
しかし、みやは下れば下るほど酸素の薄さから解放されて絶好調。

体重に任せて、重力のまま。転がるようにさっさと下山してしまいました。
吉田ルートは登りと下りが別ルートになっているのですれ違いのストレスもなく、
岩や階段もない砂利道なので楽々。

正午前には五合目まで降りてきました。

いや~、酸素が濃くて生き返る。

帰りは「紅富士の湯」に寄って、汗を流し足腰を緩める。ゴクラク~

そして、中央道の渋滞に巻き込まれつつも、18時に千葉着。
無事の登頂を祝ってみんなでカンパイ。
このビールは格別でした~(あまりに疲れていたか写真なし。)

そんなこんなで、1泊2日の富士山御来光ツアーは無事終了しました。

スマホによるとこんなデータが・・・
画像画像
初日(五合目から八合目)、7.8キロ1万2,805歩。距離は大したことないけど、上りが132階ってすごいなあ。
二日目(八合目から頂上、そして下山)は2万8,226歩。よくぞ頑張りました。

体力的にはきつかったけど、やっぱりとっても楽しかったです♪

富士山サイコー!

これで山登りがクセになるかも?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年08月27日 19:01
こんばんは~♪

凄いことを達成しましたね。
富士山に登るとは まだまだ若いですね。
その若さで これからも頑張れそうですね。。。
翔おやじ
2017年08月27日 19:02
ビューティフル! ・・・
みや
2017年08月28日 07:45
バンビ2

いやいや、結構ご年配の方がいっぱい登ってました。
まだまだです・・・
みや
2017年08月28日 07:46
翔おじさま

ここでしか見られない絶景がいいぱいでした!

この記事へのトラックバック

  • 貧血のこと

    Excerpt: 人間ドックで貧血が見つかったのが、子宮筋腫治療の始まりだったわけですが・・・ Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2018-04-28 17:15
  • 二番目から見る一番目

    Excerpt: 日本一の山を、二番目の山のてっぺんから見てきました。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2018-09-06 14:40
  • 初詣は修禅寺で

    Excerpt: 2019年の夜明けは、初日の出だけでなく月もきれいに見えました。 晴れて輝かしいお正月です。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2019-01-09 07:17