術前検査

粘膜下筋腫根治のため、腹腔鏡下手術で子宮全摘します。

たかが4泊5日とはいえ、入院。
そして、開腹しないとはいえ、内臓をひとつ取る手術。
画像
術前検査は結構たくさんございました。

婦人科で看護師さんに説明を受けたのち、
オリエンテーリングのごとく、チェックリストと地図を持って病院探検に出発です。

(決してふざけているわけではないのですが、ふだん病院に縁がないので、気分的には探検か冒険

まずはそのまま婦人科で体重・血圧・尿検査。
妊婦健診に混ざって、ちょっと懐かしい。

お次は、1階で血液検査。
すごいよ、7本も血を抜かれた・・・貧血がまた進みそう

そして、3階に上がって心電図をとり、肺活量を測る。

そこでもうひとつあったのが、「出血時間検査」。
初めて聞いたコレ、なんと耳たぶに傷をつけて、血が止まるまでの時間を計る・・・

・・・出血が止まるかどうかって、血小板の数とかでわからないのかな?

ストップウォッチを持った看護師さんが、ずっとワタシの耳を見て待っているのが、
とっても不思議な検査でした

そして検査の最後は地下1階に下りてレントゲン。肺とお腹。
ここだけ検査技師のオジサンたちが、ちょっと投げやりな感じでした。

ひとつひとつはそんなに待たされることもないのですが、
あちこち回ると結構タイヘン?

やっと本日の最後、入院の予約にたどりつき、
お医者さんにもらった「入院指示書」を提出して、
入院案内の冊子をもらう。
画像
持ち物が結構多いものなんですね。

パジャマもシャンプーやせっけんも、箸や湯のみまでも持参、冷蔵庫とテレビはプリペイドカード式・・・

当たり前ですが、旅行で泊まるホテルより不便だ

そして提出書類も多い・・・

誓約書(保証人どうしよう?)に栄養スクリーニングシート、
そして謎の質問票「入院される方へ」という書類が全8ページ。

既往症やアレルギーなどはともかく、病名や入院までの経過、今回の入院の目的も記入します。

カルテや問診で確認できるものをあえて本人に書かせるのは、本人の病気に対する認識を確認するため?

衣類の着脱や排せつが自分でできるか、床ずれや嚥下についての質問があるのは、
高齢者が多いからなのかしら?

家族構成や仕事、宗教(!)についてはもちろん、
「周りの人からどのような性格だと言われますか」
なんて質問もある。

「病気による身体や気持ちの変化をどのように感じていますか」
「今回の入院や病気について、不安やストレスがありますか」
「精神的な支えとなる人がいますか」

そんな質問もあるから、
精神的なケアにも気を遣ってくれるのかしら。


そんなこんなで、全て終わって会計にたどりついたのが16時。
14時に来院して、実に2時間かかりました。

この日のお会計は、診察・検査・薬代ぜんぶで8,310円。

検査料が高いんですかね? でも、薬(手術に向けて貧血予防、造血剤を飲む)が院内処方で、
待ち時間なくすぐもらえたのがよかったです。

次回は術前の診察が11月末にあります。


さて、病院が済んだら次は職場に病休の届け、
健康組合に高額療養費の手続き、
そして生命保険の請求もしなくっちゃ。

何より、入院中の子どもたちの生活を、実家の母にも頼まなくては。

・・・入院って結構いそがしい。
急な病気じゃなくて計画的な入院手術だからいいようなものの、
私のような、代わりに手続きしてくれる同居人がいない人は、
いざというとき本当に困るだろうな。


やっぱり健康って大事です。

お酒やスイーツはもう少し控えよう・・・
・・・いや、手術前こそ食べ修め飲み修めが必要か?


そんなことをイロイロ思った一日でした。


また長くなっちゃいました。
ここまで長々読んでいただいたみなさま、ありがとうございました。


入院前後のアレコレは、同じ病気や境遇の方の参考にでもなればと思うので、
またアップしたいと考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ヒロ
2018年10月20日 11:20
出血時間検査と言うのか^^;
初めて知った。
この検査
少なくとも5~6回はしました。
大病院で2時間って凄く早く終わったんですね
2018年10月20日 18:32
こんばんは~♪

いよいよ手術前の各種検査なんですね。
でも 2時間で終わるのは 早いほうですよ。
私なんか 1科で2時間はざらですから。
11月末に また術前検査ですか。
いずれにせよ 忙しくなりそうですね。
どうぞお大事にしてくださいね。。。
みや
2018年10月21日 09:40
ヒロさん

えっ 5、6回も?
なんか原始的というか、何を見たいのかよくわからない検査じゃないですか?

2時間って早いんですかー。
大学病院は待ち時間が長いから嫌だって言ったら、ココ紹介されたんですよ。職員さんはみんな感じがよかったです♪
みや
2018年10月21日 09:41
バンビ2さん

11月は検査じゃなくて検査結果を説明しながら診察されるみたいです。
お産以外で入院するのは初めてなので、ドキドキしますわー。
2018年10月29日 15:48
そういえば、うんと昔に耳たぶをメスでピッと切られたことがあり、そのときはそれが何の検査かもわからず、第一それに疑問すら感じなかった記憶があります。
あれってそういう検査だったのか、と今更ながら納得してしまいました。
入院ってほんと大変ですよね。
まぁ、この際、上げ膳据え膳お昼寝つきのリゾートだと思ってください(無理か)
みや
2018年11月04日 11:20
テンプルさん

はい、会社の友達にも「神様のくれた休暇」だといわれました。家事も育児もなく寝てるだけって、想像するとウキウキします。・・・不謹慎ですみません。

この記事へのトラックバック

  • 術前診察

    Excerpt: いよいよ12月。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2018-12-01 15:56
  • 入院と手術のお金

    Excerpt: 保険金をもらいました。12万5,000円。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2019-02-02 08:12