いよいよ手術(……その前に麻酔)

これから腹腔鏡下で子宮全摘・両側卵管切除の手術を受けます。


いきなりですが、泉鏡花の小説「外科室」って知ってますか?

ヒロインの伯爵夫人が昔恋人だった医師に手術されるときに、
麻酔をかぐと心の中にある秘密をうわごとで言ってしまうからと、
頑なに麻酔を拒んで死んでしまうというお話。

昨日麻酔科医の話を聞いてから、ずっとそれを思い出していて、
思わず手術室の看護師さんに聞いちゃいました。

麻酔で前後不覚になって、あらぬことを口走る人っているんですか?

看護師さんは当然、明治のお耽美小説なんか思いも寄らないのでしょう、

時々うわぁーってなっちゃう(←錯乱するってこと?)人はいますけどね。
何か変なこと言ったのは聞いたことないです。

とのこと。

あらぬことを口走るのも困るけど、錯乱する方がもっとヤダ。

そんなわけで、点滴に麻酔が入る時はちょっと緊張。


麻酔入りました。ぼーっとします?

看護師さんがじっと私の顔を見てる。


私は意識はっきりしてるつもりだけど、
もはや口もきけず、
目を閉じたら即効寝そうなのに、
少しの間まばたきして抵抗してみる。

このまま麻酔が効かなかったらどうなるかな?

それも多分ほんの数十秒。

一瞬後にはスコンと眠りに落ちました。

あっという間に効いて、
あっという間に醒める。

現代の麻酔は、泉鏡花先生の妄想が入る余地がなさそうです。
画像

さあ、やっと手術開始?

またまたつづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 手術室にて

    Excerpt: 腹腔鏡下での、子宮全摘・両側卵管切除手術。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2018-12-23 20:55