手術翌日(12月15日)・・・確かな回復

ひどくグロテスクで救いのない夢を見た気がするけれど、
全く覚えていないし嫌な気持ちも残っていない。

子宮全摘の腹腔鏡手術が無事終わり、
薬のおかげで一晩ぐっすり眠った、翌日。

朝6時30分。(病院って朝早いですね)
看護師さんに起こされて、いきなり採血。

傷を見て、パンツ(T字帯)の中の出血を確認。

出血は、手術直後でもナプキンの表面につく程度でした。
昨晩体を起こしたときにまた血が下りたのがわかったけど、
たぶんそれも術後の出血が中にたまっていただけだと思う。
合わせても生理1日目より少ないくらい。
生理のときに出る経血と明らかに違うさらっとした鮮血に、黄色い滲出液が混じってる。
外傷性の出血ですね。
子宮は血流の多い臓器だと聞いていたので、こんなに出血が少ないなんてびっくり。

無事を確認したら、初めてベッドを起こす。
ぐったり寄りかかったままだけど、姿勢が変わって腰や背中が楽になる。

温かいタオルで顔をふき、ベッドの上で歯磨き。
画像
起きてびっくり、あのジクジクした痛さはずいぶんと軽減されていました。
一晩でこんなに良くなるなんて!


そして温かいほうじ茶をもらう。

喉は変わらず痛いけど、ほっこり美味しい~。

しかし、飲食してお腹の中が動くとやっぱり痛む。
ガスが出たか聞かれたけど、さすがに全く気配なし。

そしてまだ眠い。


うつらうつらしていた7時30分、
今度は心電図モニターと血圧計、酸素飽和度計が外されました。

そして7時45分、手術後初の食事。
画像
重湯150g、中国風コーンスープ上澄み、おろしりんご、牛乳。

液体ばかりですが、じんわり身体に染み渡る。滋味深く美味しかったです。

しかしやはり人工呼吸器の後遺症?ものを飲み込むと喉がひどく痛いわあ・・・

そしてお腹にものが入ると、腸がぐるぐると言い出してお腹も少し痛む。


それでもエネルギーを得て、またウトウト。


こうして術後は一刻一刻と回復していったのでしょう・・・


9時に看護師さんが再び現れ、尿の管を抜いてくれました。

この時初めて立ち上がる。
支えてもらっておっかなびっくり、でも全然ふらつかず。

温タオルで体を吹いてもらって、持参したパジャマにお着換え。
T字帯も取って、持参したズロースとナプキンに交換。
ナプキンはサイズをいろいろ用意した中から、看護師さんが「夜用中型」を選んでくれました。


そして、血栓予防の弾性ストッキングを、力いっぱい引っ張って履かせてくれる。
画像
ふくらはぎに心地よい圧がかかります。

身づくろいが済んだところで痛み止めの錠剤を渡され、その場で早速1錠飲む。

痛み止めを飲んでも早期離床して歩くのが、早い回復のためだとか・・・


看護師さんにつきそってもらって、早速廊下に出て歩行開始。

昨晩あんなに痛かったのが割とすっきりしていて、
回復を実感、元気に歩行。

自由に動けるって爽快ですね。

少し首や肩が痛いのは、腹腔鏡のために入れた炭酸ガスが抜けるためだそうです。


痛み止めは朝昼晩3回分出ましたが、痛くなければ飲まなくてもいいとのこと。
飲んだ時間と体温を測ってメモしておいてください、と言われました。
体温を下げる作用もあるんだって。

実際にはこの鎮痛剤、この後1回しか飲みませんでした。

このころからどんどん痛みが軽減していくんです。
子宮摘出から一晩だけでもう痛まないってすごい。
人間の回復力ってすごいなあ。それも腹腔鏡手術のおかげかな?


無事に歩行できることを確認したら、点滴に抗生剤を追加。
画像
夜にもう1回抗生剤を入れたら、この点滴も抜けるらしい。

いろいろお世話になった看護師さんと、子育ての話ができるくらい元気。

動作がテキパキと無駄がないのに素っ気ないところもなく、
説明にも無駄がなくてわかりやすい、私的に好感度が非常に高いこの看護師さんは、
4歳と小2の二人の子をもつお母さんだそうです。素敵だ~


その後は、時々トイレに行く以外はウトウトしてばかり。

11時30分にお昼ご飯。
画像
5分粥300g、豆腐ソテーのおろしあんかけ、青菜のおかか煮、かぶの味噌汁、フルーツヨーグルト。

お盆がまんなかで分かれているのは、配膳ワゴンが真ん中で保温庫と保冷庫に別れている優れモノだから。
おかずやご飯はいつも温かく、食後につくヨーグルトや果物はきりっと冷たい。

全体にこの病院のご飯は美味しかったです。



午後もお腹の痛みなく、薬を飲まずに過ごせました。

ただ、ご飯を食べるとキリキリと胃痛がする。
我慢できないほどじゃないんだけど、これも腹腔鏡手術の影響なのかしら。
それともあのにっくき下剤のせいかしら?

かなり元気になって、面会に来た息子とは談話室で会う。
点滴を杖にしてと言われたのに、
むしろ引っ張る勢いで廊下をスタスタ歩くのでみんなが驚く、それくらい元気。


17時に最後の抗生剤を入れて、18時に点滴終了。
これで全部の管が外れて、晴れて自由の身。
動作が妨げられないって、やっぱり快適ですね。

そして夕飯~。
画像
もう全粥に昇格。赤魚粕漬焼、きのこと大根のきんぴら、かぼちゃと青菜の味噌汁、みかん。
軟菜食って書かれてるけど、おかずはほぼ普通食。

元気だからご飯もおいしい。


夜に少しだけお腹が痛んだので(張り切って歩きすぎか)、無理せず鎮痛剤を飲んで眠る。



手術当日とは雲泥の差の回復ぶりに誰より本人が驚く、術後1日目でした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック