手術後1週間(12月21日・退院後4日)…傷痕ケア開始

12月13日入院、12月14日手術、12月17日退院。

腹腔鏡下手術で子宮全摘・両側卵管切除してから、12月21日でちょうど1週間がたちました。
子どもたちは今日が最後の登校で冬休み。
もうすぐクリスマス、年末も近いんですね。忘れてました。


退院してすぐは下痢と不眠で体調を崩しかけましたが・・・

食事に気を付け(量を減らしよく噛んで食べる、水分をしっかりとるなど)、
適度な家事(炊事と洗濯、近所に買い物くらい、そして時々昼寝)を心がけたところ、
下痢もやわらぎ食欲が少し戻り、体調はだいぶ上向いてきました。

これなら予定通りに25日から職場復帰できそうです。


ポッコリお腹を引っ込ますためにも、お腹をかばった猫背はやめて、
背筋を伸ばして座り、歩く。
1日1回のストレッチも再開。
腹圧をかけてもほとんど痛みません。

お腹の傷は治りかけでかゆく、しょっちゅう触っていたせいか、
テープがひとつ剥がれてしまいました。

また汚い腹を見せてすみませんが、傷の具合を披露しちゃう。
画像
ポンポコリン腹も少し引っ込んできたかな?

順調な治り具合にニンマリ。
画像
本当に小さい傷ですね。
これなら傷痕も気にならなさそう。
45歳を過ぎてビキニでもなし、今さらおなかの傷なんか気にしないとはいえ、
スポーツクラブとか温泉とか行きたいですからね。

それでも、せっかく買ったので傷痕ケアのシリコンジェルシートを貼ってみる。
画像
圧迫と密閉、保湿とクッション効果で、皮膚バリア。
外部からの刺激をやわらげ、傷痕の赤みや盛り上がりを抑えてくれるんだって。

洗って繰り返し使用可能、2カ月くらいもつそうです。
半年ほど継続するのがいいそうだけど、半年もする前に傷はなくなっちゃうかも?



そんなわけで、総じて順調に回復していますが、
手術前のせかせか早歩きだけは、出来ないというよりそうする気になれない。

お休みで気持ちがゆったりしているせいかもしれません。

家事もノンビリ、マイペース。

離婚後8年、家事に育児に仕事に、毎日あくせく働いて、
休むどころか立ち止まることもなく、
いつの間にやら毎日せかせかするばかり。

「急がない」ということを、ずいぶん長いこと忘れてました。


病休に入る前に、「神様がくれた休暇だよ」と言ってくれた人がいましたが、
まさにそのとおり。

自分の体とココロに向き合い、生活を見直し、人生を想う。

休暇はあと3日ありますが、
「今のうちに大掃除!」とか「復帰に備えてお惣菜つくりおき!!」は思い切ってやめて、
ココロと体の向かうままに、ノンビリと過ごそうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

とと
2018年12月26日 00:05
そうですね、のんびりがいいと思います。

貴重なお休みでしょうから、ゆっくり休んでください。

私も病気になってしまって、のんびりと療養中です。
みや
2018年12月26日 07:00
ととさん

しかし、復帰したらあっという間にせっかち復活です。
性格って変わりませんね(汗)

ととさんは体調いかがですか。
お大事にしてくださいね。

この記事へのトラックバック