職場復帰・・・手術後11日目・12月25日

部下にとっては残念なクリスマスプレゼント?

腹腔鏡下子宮全摘手術と4泊5日の入院期間を無事に終え、
1週間の自宅療養を経て、
連休明けの12月25日(火)、無事に仕事復帰しました。

元旦号や正月番組は最終稿までチェックしたものの、
校了には立ち会えず。

年末イベントの取材も、
部下の割り振りはしたし結果はSNSなどで見ていたけど、
実際のいきさつはわからず。


でも、上司元気で留守がいい?
職場は私がいなくても、なんら変わりなく回ります。

なんでも自分が把握しなくては気が済まない貧乏性や、
自分の思い通りに仕事を動かそうとする力技は改め、
部下を信じ上司に頼り、時には時間と組織の流れに身を任せるのもいいのかもしれない。

今年のクリスマスは、病み上がりなので宅配ピザ。
画像
本当はパエリアを作りたかったんだけど、
まあムリは禁物ということで。

子どもたちの手作りケーキもとうとう卒業…
画像
FLOのクリスマスニボーズ、3800円。
甘さ控えめなレアチーズのイチゴショートケーキです。

ケーキ屋さんは大混雑、予約しておいて正解でした。
予約したのは手術前、これを無事に食べられるかすこーしだけ不安でしたが、
無事に親子3人でケーキを囲む。


明けて翌日、仕事復帰初日は何事もなく、
部下も仕事も拍子抜けするくらい休職前と変わりなく。

当たり前のようにその日から外部との打ち合わせアポが入ってたり、
2月号の相談や校正チェックが持ちこまれたり。

でもそれはむしろ、部下たちの思いやりなのかもしれませんね。

朝ノートパソコンを開いたら、「おかえりなさい」と大きく紙が貼ってありました。
そんな心遣いがちょっと嬉しかった。


おかげさまで、一日働いてもさほど体に堪えることももなく、
少し歩きすぎると下腹が痛いくらい。
こっそりお腹をさすってたら、いつも厳しい課長に労わられてしまった。
初日なので、今日は部下を残して定時で帰宅させてもらいました。


さあ、「神様がくれた休暇」が終わって、また日常が始まる。

家族にも職場にも感謝して、また頑張らなくちゃね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 診断書のこと

    Excerpt: そういえば、他愛無いことではありますが・・・ Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2018-12-30 05:51
  • 手術後3週間

    Excerpt: 12月14日に子宮と両側卵管の全摘出手術を受け、 1月4日でちょうど3週間がたちました。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2019-01-05 08:29