診断書のこと

そういえば、他愛無いことではありますが・・・

職場で病気休暇をもらうために必要な書類、それは診断書。
これを出すは、病休前なのか、病休から復帰するときなのか・・・

迷っているうちに、入院中にもらうという中途半端なことに。
画像
退院までにもらえるよう、
早めに言っておいた方がいいかと思って手術前日の診察で先生に聞いたら、
なんと目の前で書いてその場で手渡してくれました。

・・・即時発行?そして無料?

(1月12日追記)
文書料については、後日「請求漏れ」だったと3,240円を請求されました


そうしていただいた診断書は、
手術直前に言い出した私が悪かったのですが、
ちょっと変な文面に…

「2018/12/13入院、12/14手術予定。経過良好であれば12/17退院予定。退院後は12/24までの自宅療養を要す。」

手術と退院が「予定」になっちゃった…

先生は、
「万が一経過が思わしくなかったらまた書き直しますから」
「なんなら年内休職にしときますか?」

と気軽に応じてくださいましたが、
診断書ってこんなにカンタンにもらえるものなんですね?ビックリ。

なんか、文書料5000円くらいとる病院もあるって聞いた気もするんだけど。

なんにしても、柔軟な先生でありがたかったです。



そして、せっかく先生が年内休職にもできると言ってくださったのに、
馬鹿正直にクリスマス復帰したワタシ。

診断書を会社に出すときまたびっくり。

なんと、診断書が部長決裁!

休職願が課長決裁なのに、なんで診断書だけ部長まで見せなきゃいけないんだ~

病名が「子宮筋腫」なんてモロ婦人科系疾患なのに、
そういう方面にあまりデリカシーを感じないオジサン部長に見せるのは屈辱~~~

何しろこの部長、休職前に挨拶に行ったら、書類から目だけ上げて、
いかにも社交辞令的に「まあお大事に」って言った人なんですよ!

ふだんあまり話をしない次長は、心配そうな顔で優しい言葉をかけてくれたというのに。

こういう時に人間性って出ますよね。
部長にとっては、広報の係長なんていてもいなくても関係ないんだろうなあ。
ひょっとして自分の部下だとさえ認識していないのかも。


・・・そんなわけで、たかが1枚の診断書をめぐって、
いろんなことを考えたワタクシなのでした。

これから生命保険の請求や医療費控除の申請もしなくちゃなあ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひーくん
2018年12月31日 00:52
我が病院は診断書は5000円です。

実は循環器の手術をしまして障害認定一級がおりてます。障害年金も頂いております。
で、公的書類には診断書が必要でしてこれにもかかるですよね。再認定にもかかるし、年金も誕生日にもチェックの為に提出。年間に一万円(笑)公的支援を受けているので文句はありませんが、病院によって価格差があるのだけは納得できませんね。手間暇は諦めておりますが。
みや
2019年01月04日 18:36
ひーくんさん

公的書類に使うのに五千円って高いですね。
私も息子の怪我の保険書類をもらうのに日数がかかったこともあって、診断書ってめんどくさいと思ってました。
病院によってこんなに違うんですね。

そして、手術されたとのこと、お加減はいかがですか。お大事になさってください。

この記事へのトラックバック

  • 出血その後・・・

    Excerpt: 子宮全摘手術から4週間と1日目、 あまりの出血にビビって、朝一番で病院に駆け込んだ1月12日。 Weblog: What Happened is ALL GOOD racked: 2019-01-12 20:59