幸せ、なのかな。

出かけた先の時間調整に、ひとりふらりと喫茶店へ。
おしゃれでもシアトル系でもない、ごちゃっとした古いお店はむしろ心落ち着きます。
DC0564C8-15F4-4B8D-B3DB-0AA83B2C4CB6.jpegコーヒーをいれる音と香りに包まれて、癒しのひととき。
豆と焙煎にはこだわりがあるようなので、次はブレンドを頼もうと思いました。


三連休はジムで汗を流し、英会話や心理学の講座に通い、
空いた時間でたまった家事をするだけで過ごしました。

世間はお盆休みで浮かれているようですが、レジャーには出かけず誰にも会わず・・・

・・・それは割と贅沢な休暇の過ごし方なのかもしれません。


隣の部の課長がメンタルくじけて病休になったと聞いたその後、
同じ部の係長もまたメンタルで病休に入ったと知りました。
これがまた、昔から知ってる(大昔はこのブログにも時々登場していた)、そして尊敬できる人物だったので、なんだかショックです。

人は何がきっかけで心折られ、何が理由で会社に行けなくなるのでしょう?

返す刀で考える。

さんざん心折れて病んでる(と自分では思ってる)ワタシは、なんで明日も元気に出勤するんだろう?

飲酒とDVで別れた夫は消息不明、女手ひとつで子ども二人抱えて頼れる身内は近くにないし、
誠意とやりがいをもって務めてきたはずの仕事も、よくわからぬ派閥争いに巻き込まれて明日をも知れぬ立場だし。

なのに、他人様からは「明るくて前向きでハツラツで」と言われる自分がよくわからない。


配偶者や頼れる親兄弟がいる、フツウの家庭がある人に、
「頼れるもののない状況だからこそ頑張れるのだから、かえって幸せなのかもしれませんね」
なんて言われると(しかも割としょっちゅう)、顔には出さぬがモーレツに腹が立つ。

私はシングルマザーな自分を不幸だと思っているのに、
世間は思ったほど同情してくれない、ということでしょうかね?

それとも、私って本当は幸せなのかしら??

まさか、いい歳して厨二病ってやつなのか私???


とりあえず、私だって寂しいし辛いんだー! とジョッキ片手に叫ぶと酒席で笑いをとれる私なのでした。


幸か不幸か、連休明けも健やかに出勤しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月14日 17:22
幸せの感じ方って人それぞれですよね。同じ境遇でも幸せと感じるか不幸と感じるか…自分の定規で他人のことを「幸せだ」と決めつけないで欲しいですよね。
私はがんを抱えている今、普通に生活が出来ていることが幸せだと感じていますが、その普通を幸せと感じない(というか気付かない?)人も多いですよね。何をもって幸せなのか、それは自分にしかわからないのかも?
2019年08月14日 23:01
みやさんは文才あるし、カメラウーマンの才能もなかなかのものですね。
筆においても、カメラワークにおいても、日常を活写して並々ならぬ力量を感じます。
画像ですけど、自分が撮るとつまらん静物写真、みやさんは日常を切り取ったスナップにちゃんとなってます。
感性の問題でしょうね。
でも、そんなことはどうもで良いかな、この記事を書いたみやさんには。

「明るくて前向きでハツラツで」とか「かえって幸せなのかもしれませんね」とか。
自分も、みやさんが公私ともに大変な状況でいらっしゃることは、ブログの字義通りには理解しているつもりです。
それでも、健気に頑張っていらっしゃるなあというスタンスで、同じようなことを書いてしまっているかもしれないと恐れます。
「敬して遠ざく」とは、まさにそのことです。
そうでなければ、今頃とっくにデートに誘っているでしょう。
(。。)☆\バキ
みや
2019年08月15日 06:50
juechan

人が他人のことを「幸せだ」って言うときって、ときどき「あなたは幸せなんだから私の分まで我慢してor働いて当たり前」的な無意識の甘えが心の底あるようで嫌なんですよね。私の考え過ぎかしら。

しかしまあ、健康という観点から見れば、私も恵まれた方なのかもしれません・・・ついこの間まで子宮摘出でいろいろあったのを、最近はすっかり忘れてました。
この変わらぬ毎日を、もう少し感謝して過ごそうと思います。
みや
2019年08月15日 06:54
りうさん

過分なおほめのお言葉に恐縮しつつも、褒められると嬉しいワタシです。ありがとうございます。
りうさんのブログも写真は素敵だし文章は面白いし、お店選びのセンスといいい、並々ならぬものだといつも感服しています。ときどき示唆に富んだコメントをいただいてドッキリしますしね。

遠ざくなどとおっしゃらずに、ぜひデートに誘ってください(笑)