意味への意志

言葉にすると、まるで変態みたいですけど。

「不幸な人生」とか「苦悩する自分」とかが嫌いではない・・・
むしろ好きですらあることに、最近気が付いてしまいました。

辛い時ほど生きてる実感がしませんか。
5EE9BC82-65A2-45A8-8AA0-0FCC471FECA0.jpeg
しばらく読書から遠ざかってましたが、最近また少しだけ再開。

心理学の中でも、特にユングと河合隼雄に傾倒していた大学時代・・・
仕事を始めたら、権力欲求という点でアドラーに興味が出たけど、
歳をとったらフランクルとかフロムに心惹かれるところもある。

どんなに辛いことでも、そこに意味や価値を見いだせさえすれば、
それはたやすく乗り越えられる気がします。

この人生に生きる意味があるかどうか、
「それでも人生にイエスと言う」というのは難しいことですけど。

人生の意味を問うのは、若者よりも中高年以降の方が難仕事だと思います。

この手の本って、若い時に読むのとまた違うものですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年11月01日 16:20
人生とはなかなか難しいテーマですよね。人それぞれでコレという正解がないものだし…。人間の永遠のテーマかもしれませんね。
みや
2019年11月04日 15:13
juechan

はい、会社も育児も腹が立つことばかりですけど(汗)、それも全部我が人生の試練だと思ってなぎ倒していきます(涙)