別れた夫に会った

ここは腹を立てるべき場面なのか?
あるいは、私はすでに恨んで憎んで腹を立てているのか?

偶然、本当に偶然、離婚した元夫に会いました。

9年前ちょうどあの大震災のころ、
職を失ったことをきっかけに、昼から酒を飲み借金と女を作り、
最後は家族を捨てて逃げていった元夫。
当時娘は小学校に入学したばかり、今年就職した息子は小学4年生でした。

その後はまったく音信不通、生死すら不明。
養育費をくれとはもはや言わねど、仮にも血をわけた自分の子に対して、
現状や進路など心配ではないかと考えると、人として理解できない。

この9年間。
子どもらは人並みにケガをしたり病気をしたり、
息子は突然学業に身が入らなくなったり、
娘は思春期で精神のバランスを崩したり。

それでも子どもたちは、親戚や学校友人、私の職場など、
いろんな人から少しずつ愛情をもらうことで父親のいない隙間を埋めて、
曲がりなりにもまっとうな一人の人間に成長しつつある。


そんな9年後の、偶然の再会です。


場所は近所の牛丼屋。
母は残業帰りでくたびれきって、夕飯に牛丼テイクアウト。
駅まで迎えに来てくれた娘がカウンターで店員さんとやりとりしている間、
待合ベンチにへたり込んでいたら、
「やあ」だか「よお」だか言いながら笑って手を上げる不審な男あり。
それが元夫でした。
あまりのことに驚いて返す言葉を探す数瞬の間に、夫はさっさと店を出て行きました。

・・・9年ぶりの再会が、こんなのでいいのだろうか?

そばにいた娘に声をかけなくていいのか?
子どもらの近況が気にならないのか?
そもそも、意外にも近くに住んでいるということか?


さらに、私はこの状況に腹を立てているのかというと、
腹を立てようと思えば立てられるのだけれど、文章で書いているほどには腹も立たない。

ただ、誰にも言わずに黙っているには、納得できずもやもやする。
なにかうまく腹に落ちない。

そして、子どもたちに父の話をすべきなのだろうか?


こういうのって、誰に相談したらいいんだろう。
こんな話ができる相手も見つからない。

とりあえず、パンドラの箱のごとく心の底にしまって、また毎日を過ごしゆくしかない。

忘れたいことを忘れる方法だけは覚えた9年間。
もう二度とは会わないことを祈って。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年04月12日 10:59
みやさん、おはようございます。

たぶん、初めてコメントします。
私はというと、アイリスとか花の名前をハンドルネームに、
よく女性に間違えられますが、
今年67歳になる孫娘2人いるジージです。
私も今までいろんな局面で、
何度も辛い思いをしましたが、
今、思っていることは、
人に対しては、許すことと、
忘れることだと思っています。
いつまでも、許さなくて忘れられなかったら、
何か、自分が卑屈になって行くように思ったりしました。
そうは言ってもなかなかできない事ですが、
「明るく楽しく朗らかに、笑顔笑顔で」が、
モットーで生きていきたいと思っています。
新型コロナウイルスの蔓延で大変ですが、
体に気を付けて体を大切に、
お互いに平穏無事に暮らしていきましょう。
とと
2020年04月12日 11:46
ご無沙汰してます。
コメントは久々ですが、いつも拝見してますよ。

なんだかもやっとする再会ですね。

なぜ、そんな軽い声のかけ方をできるのでしょう。別れたとはいえ、子どもの父親である以上は無責任すぎませんか。

怒りというよりは、呆れに近いでしょうか。

うまく気持ちの整理ができるように祈ってます。
みや
2020年04月12日 16:09
アイリスさん

コメントありがとうございます。
時々お邪魔して素敵な花写真に癒されていました。
でも、文章からしてもしかしたら男性かな?とは思っていましたよ。

私も常々、人は恨まず怒らず、愚痴や悪口は極力言わない、をモットーに生きてきましたが・・・最近は、自分の尊厳を汚された時には、ポーズでもいいから怒って見せないと、相手はいつまでも理解しないし周囲に不快や心配を与えるのでは、と思うこともあります。理性的かつ戦略的に怒るというやつです。

というわけで、「ここはあえて怒るべき場面ではないか?」と無駄に悩んでます。
みや
2020年04月12日 16:12
ととさん!!
どれくらいのご無沙汰でしたでしょう。
もうとっくにこの世界から離れてしまったのだと思ってました。
コメントいただけて嬉しいです。(それだけでもこのツマラナイ経験を書いた甲斐があるってものです。)お元気ですか?

さすがととさん。そうなんです、怒るというよりその無責任さに呆れるんです。
なぜ子どもたちのことを心配しないのか、と。
あるいは、意外に近くにいることがわかったので、もしかしたら私の知らないところで子どもらと接触したり様子をうかがったりしているのでしょうか?

どちらにしても、もやもやすることばかりです。
りう
2020年04月12日 23:34
理解できないですね、元夫氏の挙動は。

自分だったら、反射的に何か言ってしまいそうな気がします。
良くも悪くも自分の人生の一部を作った人と久しぶりに再会したわけですから。
間投詞みたいな軽い言葉だけじゃなく、もうちょっと意味のあることを。

何かを求めても徒労になる相手じゃ、忘れるのが最善の対処法でしょう。
ヒロ
2020年04月13日 13:20
あらまあ~ぐうたらぐうたら寝てた旦那さんとねえ
意外と近くにいたんですね  
声はかけたけど、逃げちゃった?
                      
みや
2020年04月15日 07:05
りうさん

男性から見てもそうですか。
私の周りの男性は割と楽天的というか、あまり白黒はっきりさせない方が多いので、そういう曖昧さを好むのも性差なのかと思ってました(苦笑)

いつか子どもらには話をした方がいいのか、それだけが悩みの種です。
みや
2020年04月15日 07:06
ヒロさん

そうです、あのダメ男です。
まさか近くにいて、こちらの動向を知っていたのかと思うとぞっとします。
らん太郎。
2020年04月15日 14:43
向こうにとっては
偶然じゃなかったのかも…って
ちょっと思った

あまり無責任なことは言えませんが
新一年生にはまだ何も言わなくていいのかなぁって
思いました。
みや
2020年04月18日 17:41
らん太郎。さん

普段めったに外食も買い食いもしない我が家ですので、全くの偶然だと思います。
近くに住んでてこちらの動向を知ってるというのは面白くない話ですが。

いっそダミーで恋人でも見せつけてやりたいですね(苦笑)