疲れてる?

「課長なんか疲れてるね」 「今日はお疲れモード?」 私の上司は割と頻繁にそう言うのですが、なんとなく素直に受け入れられない。 「いえいえ、まだまだ」 「そんなことないですよ」 ・・・かわいげのない部下ですね。 しかし、ここで 「はい、もうダメです」 って言ったら、この上司は何かをしてくれるのかしら。 …
コメント:2

続きを読むread more

本の読める場所を求めて

Book & Beer@下北沢。 社長に「面白い本屋がある」と勧められたので、出かけてみました。 下北沢と世田谷代田の中間にある「Bonus Track」。 小田急線が地下になった線路跡地にできた、新しいタイプの商業施設です。 商業施設とは言っても、コンセプトは「職・遊・住」だそうで、建物は住居を兼ねた「長屋風」…
コメント:2

続きを読むread more

木陰で読書

書をもって外に出よう。 仕事の本ばっかり読んでるな。 夏休みもどこにも行かず過ごしましたが、いつもの読書を公園の木陰でしたら、それだけで避暑地気分。 我ながら安上がりです。 猛暑で人気の少ない公園を独り占め。 緑陰は思ったより爽やかな風が吹くし、 アイスコーヒー片手に本のページをめくれば優雅な時間ではありませんか…
コメント:2

続きを読むread more

たこ焼きパーティー

タコパなう。 息子の帰省中、家族でたこ焼きパーティしました。 えび、いか、チーズ。以前はいろんな具を用意したこともありましたが、今回はシンプルにしてみました。 焼くのは意外と難しい・・・息子が一番上手です。 我ながらうまくできた! 息子の好物の明石焼きにも挑戦。 卵とダシが多い生地は、ひっくり返すのが難し…
コメント:4

続きを読むread more

きょうだい児

きょうだい児という言葉を知っていますか。 きょうだい児とは、障がいや病気をもった子の兄弟・姉妹のこと。 きょうだい児は、幼いころに寂しい思いをしたり、 兄弟姉妹のことでからかわれ傷ついたりと、独特な悩みがあるうえに、 養育に精いっぱいな親には相談しにくく、悩みを抱えたまま孤立しやすい傾向があるそうです。 私の弟…
コメント:4

続きを読むread more

冷蔵庫考

人は人生で何回、冷蔵庫を買い換えるでしょう。 AIの異名をとる部長が急にお休みしたので何事かと思ったら、 「冷蔵庫が壊れた」とのこと。 そんな上司がカワイくてギャップ萌えしそう。 しかし、壊れたからと言ってもすぐに入手できないという冷蔵庫・・・ 在庫や配送など、日数がかかるそうです。…
コメント:12

続きを読むread more

お盆休み

コロナ禍で帰省も不自由した人も多いでしょうか。 我が家は、初めて「帰省を迎え入れる側」になりました。 お盆でなくても、息子は帰るたびに、必ず母に何か手土産を買ってくれます。 この日は時間が遅かったからコンビニスイーツしかなかったんだって。 その気持ちだけで十分ですよ。 母はお返しにせっせと…
コメント:6

続きを読むread more

チロルチョコふたたび

またチロルチョコの新作を食べ漁ってます・・・ コーヒーゼリー。 ぷるぷる食感・・・個人的には歯ごたえがある方が好き。 クリームソーダ。 パチパチはじける食感が楽しくて、何度もリピ買い。 わがしちろる。 みたらし団子と塩豆大福。 夏だし塩気があるのも面白いね。 これは新作じゃないか、前も食べた気…
コメント:4

続きを読むread more

明日を生きるために

生きている意味とは何なのだろう。 その答えに迷うときはありませんか。 人生の意味とは、 不完全な自分を使ってどう生きていくか、 自分自身が問われたものとして体験することである。 ……フランクルと何かが混ざってる? 容姿にも才能にも恵まれた人が亡くなり、 美しくもなく特別な才能も何もない私は、 この人生になんの…
コメント:2

続きを読むread more

愛の告白?

空を見上げるのが好きだ。 今なら夏の訪れを告げる白い雲。 仕事を終えて会社から出た時に広がる美しい夕暮れ。 そして、飲み会帰りの月夜。 (大体において酔っ払ってるので写真なし) 飲み会帰りに空を見るときはたいてい雨は降っておらず、 三ヶ月でも満月でも雲がかかっていても、月はいつも美しいのです。 月が…
コメント:6

続きを読むread more

お中元

仙台銘菓・萩の月が食べきれないほど! 仙台の伯母がお中元に送ってくれました。 萩の月は、障がい者施設に入っている弟の好物です。母が差し入れに持って行きました。 弟がいたのは、あの相模原大量殺傷事件のあった「津久井やまゆり園」。 来年の夏にやっと建て替えが終わって引っ越せるそうです。もう4年もたつんですね。 埼玉の叔…
コメント:6

続きを読むread more

ダイジョウブ

若い頃は国語の先生かカウンセラーになりたかった。 図書館司書として働き始めた。 そして出向や人事異動で窓口や研修に変わり、 イベント、広報、秘書と転々。 それでも人文科学路線だと思ってたのに、 今年はなぜか情報技術の最先端。 デジタルトランスフォーメーションてなんだ? まさにDXな人生。 答えのない物語に、これで…
コメント:2

続きを読むread more

カウンセラーとの出会い

土曜日に月1回、心のドアを開けに行く、 7年以上お世話になったカウンセラーがとうとう引退するとのこと、 新しいセラピストを紹介されました。 カウンセリングも長くなると、もはや何しに行ってるかわからない? 私はどこが壊れていて、どこを直したらいいのでしょう。 激しく不眠、時々の深酒と過食。いささか躁鬱。 頼…
コメント:2

続きを読むread more

休日、自由、アメリカンドック

梅雨の晴れ間に散歩に出てみたら、都会の公園にも美しい景色がありました。 コーヒー片手に一人でぼやっと座っているのが、心休まるひとときです。 アメリカンドックはセブンが一番と部下が力説するので、 敬意を込めて食してみました。懐かしい食べ物だなあ。 青空の下咲く花の中にいて、よしなし事を思い出す。 何があれば自由になれ…
コメント:4

続きを読むread more