それでも、なお

画像

空手の地区大会が、
無事終わりました。


…母は、
予告どおり、
一回戦負け。

○| ̄|_



努力と結果は比例しない。

我が人生そのものみたいな、
苦い見本でございます。



本当はね。

参加費まで払って、
貴重な休日を一日潰して。

…出番は1回、5分足らず。



なんだかなあって思わなくもない。


…別に、健康やダイエット、心身の鍛練が目的ならば、
大会に出る必要は、何もない。

そういって、練習と昇級審査しか来ない大人も多い。


元より母なんか、
常に1回戦負けだから、
本当に「枯れ木も山の賑わい」要員。



…武道ですから、
さっさと負けても、
最後までじっと座って待つ。

…この待ち時間が長いのだ…



その間、つらつらとそんなことを思っていると。

我が師匠が、
デカイ身体をちっちゃくしながら、
そそっと寄ってきた。



「おかあさん、どう?」



……どうもこうもありません。

いや、どうにもなりません、か?



「いや、結果は結果だけど、
いい試合してたよ」



…1ポイントも取れないストレート負けだけど?

(-"-;)



「やっぱり、あんまり勝てないと、
試合なんか出なくていいかなって思ったりする?」



どうやら師匠、
結果が最悪な我が家を心配して来てくれたらしい。



…この時点で、

娘も一回戦負け、
息子は三回戦どまり。


朝もはよから、
電車の時間を調べて親達に連絡、
道場の子ども達を引率、
会場内では、
準備体操をさせ、
写真撮影やら水分補給やら、
気を配り……。



おかげさまで道場から入賞者も出たことだし、
支部対抗戦は準優勝。

←モチロン我が子らは代表にあらず。

…それはとても喜ばしい。



でも、先生に声をかけられ、
思ってしまった。



世間的には、


母が熱心なばっかりで、
熱意がムダに空回り、
親子揃って一番不出来なダメ一家。



…ということでしょうか?


○| ̄|_



……しかし。


どうせ勝てないから、
試合は出ません。


……というのも、
それはいかがなものなのか?



万年一回戦負け。



…それでも、なお。



試合に負けても、
別の何かには負けず。



…それでも、なお。

耐えるワタシ。(T-T)



……やっぱり人生の縮図だと思う、
暑い一日でした。



次は12月、
宗家杯。

このまま、
一回戦負けの連続記録、更新します!

"それでも、なお" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント