昇級審査の楽しみ方


今週月曜日は、空手の昇級審査でした。

4級以上の審査は、
本部にて、宗家の御前…



宗家の前と聞いただけで、
ビビるワタシ。

←見た目によらず、チキンです(--;)



しかし、実際には、
同級受験者20人近くが全員一斉だったので、
一人ずつの道場審査より、
よっぽど楽々(^^;



おまけに…

…こんなこと言ったら怒られる…?

いや、破門間違いなしですが。



思ったことを腹に溜められないワタシ、

こっそりここに書いちゃいます。



万年一回戦負けのワタシから見ても、
おいおい!?そりゃなんだ!?
って人がいます(笑)


他人の下手さ加減を見て、
心密かに胸を撫で下ろすワタシ。


←武道家にあるまじき心構えです。




冗談?はさておき。

たくさんの人を見ましたが、
個人のクセや道場の傾向みたいなのがあって、
なかなか面白い。



上手な人は、やはり美しい。

下手な人も…
味があって、まあよろしい(笑)

←自分もその一人だし(汗)


おまけに、
有段者の審査は組手や試割もあり、
見ているだけでもかなり楽しめる。


特に試割は…

板や垂木が折れない事態が多発して、
肉体的にも精神的にも痛々しい中に、

(折れないと本当に痛いんですよ)

憐憫と奇妙な可笑しみがわきあがります。



組手も、
お約束?の金的命中、悶絶あり。

笑うに笑えぬ事態多数。

(^^;




…しかし。


そんなアレコレの中にあって…

何よりも印象的だったのは、

やはりこの御方。



宗家の存在。



「我々は、
空手が上手くなるために空手をするのではない!

空手を通して、
社会に貢献する人材を育てるために、
空手をするのだ!!」

…との御言葉を聞いて以来、
密かにファンなワタシ。

←ドMのせいか、
ストイックな言動が好きらしい。

(だから享楽的な夫とは合わなかったのだろう…
○| ̄|_)



今回の開会の挨拶は…



生きにくい社会、
難しい時代にあって、大切なことは。


頑健な体と、ブレない精神。

そして何よりも大切なもの。



それは、

謙虚な心。



(・o・)!


…謙虚!


そうだ、
今の時代、足りないのは謙虚さなのだ…

一人密かにうなずくワタシ。



多分に予定調和とはいえ、

(何しろ事前にお免状は出来上がっている(^^;)


なかなかに実り多い、
昇級審査でありました。


唯一残念だったのは、
宗家の姿は撮影禁止だったこと…



なので本日画像なしです。
文章ばっかり長くてスミマセン(^-^ゞ

"昇級審査の楽しみ方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント