メール地獄は続く

今日はちょっと気分のよくない話かもしれません。
明るく楽しい気分でいたい方は、ここから先はご覧にならないでください。
変な話を載せてしまってごめんなさい。




夏はつとめて。

枕草子もなるほどと実感できる、
爽やかな夏の朝。

炎暑を予告する輝く青空に、
まだ涼しい風。
朝練に出向く子どもたちを起こす前の、
静かな時間。

この清々しさをぶち壊すべく、今日もメールが携帯を鳴らす。

例のメールがしつこい職場のオジサマからです。

そしてとうとう、こんな写真入り・・・
画像
こんな画像を載せてしまってごめんなさい。

だけど、
自分ひとりの胸にしまっておくのがどうしても気持ち悪くて、
ここに吐き出さずにいられないんです。

休日の朝に、なんの必然性もなく、
自撮り写真を送りつける65歳・・・
これって一体どういうことなの?



さらに。

先日は勤務時間中。
出先から職場に電話をかけて来て、

「ぼくのことは、ABCで言うとどれくらいですか?」

なんて訳の分からないことを言う。
ABCって何?



こんな事件の間にも、混迷のメール地獄は続きます。

「子供で幼稚な大人の相手も疲れると思いますが、
それは、それで結構楽しいのではと思います。」

↑自分で言う?

「私より彼(アフリカ人さん)の方を頼りにするんですか」
「彼の半分でいいから私のことも尊敬してください」

↑尊敬をねだられても・・・

「もしかして前の課長(前ボス)とアヤシい関係ですか」

↑妄想もいい加減にして・・・



前にいた研修課で「セクハラ防止研修」をやったとき、
受講対象に次長部長を入れず、
「五十六十過ぎて、そんな必要ないよねえ」
と総務部長も言ってたけれど。

幾つになっても男は変わらず?

ワタシも脇が甘いのか、
なんで40も過ぎてこんなことになるんだか。


男とか女とか、こういうのって本当にめんどくさい。


こんな気分のよくない話を最後まで読んでくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

最後にお口直しの写真を。
これはアフリカ人さんがくれた鷺草
画像
炎暑の中にも一服の涼をくれる、清々しい草姿。
球根から育てて5ヶ月、やっと花が咲きました。

もしかしてワタシって男運が最悪?
でも、この世の男性が全員悪い人だ、というわけじゃないですね。

負けずにガンバろう。

"メール地獄は続く" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント