王様のケーキ

まだ11月にもならないうちに、気の早い話ではありますが・・・


1月6日の公現祭に食べるというフランスの伝統菓子、
「ガレット・デ・ロワ」って知ってますか?

豆や人形などを入れて大きく焼いたものを切り分け、
当たった人をその日の王様とする楽しい風習もあるそうですが・・・


なによりもクレームダマンドたっぷりのパイ、
というのに惹かれます。

食べてみたーい!
でも近所で売っているお店なし。

なのでまた自作してみました。(^_^)ゞ
画像
本物を見たことないので、
リーフ模様も見よう見真似・・・

ドキドキしながら焼き上がりを待つ。
210度のオーブンで20分、190度でさらに15分。

焼き上がり~♪
画像
やや焦げ気味(汗)。

サクサクのパイは初めてにしては上出来ですが、
切りにくくて断面図がイマイチ?
画像
そして、当たりくじになるフェーヴは入れませんでした。

・・・絶対に子どもらが誤って食っちゃうに決まってる(苦笑)

しかし、始めから当たりのないくじ。
我が人生みたい?(^◇^;)


"王様のケーキ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント