リケジョでもなくドボジョでもなく(拗ねるアラフォー女子)

小保方さんで一躍脚光を浴びた理系女子、通称リケジョ。

建築や設計、園芸なを受け持つ土木の我が職場では、
女子は「土木系女子」を略してドボジョ。
(ドロンジョみたい?)

残念なことに文学部卒のみやは、どちらでもありませんが…


先日そんな職場で荷物を担いで歩いていたら・・・

誰か手を貸してくれるどころか、
「なんだよ、相変わらずドカタ女だなあ」
と言われました!!

「土木」を通り越して「土方」!?


バレンタインチョコを差し入れてくれた同期も、
デスクまで訪ねてきたときこう言った。

「みやちゃんが座って仕事してるの、初めて見た・・・」


スーツを着てると「コスプレか?」と言われる土方女、
とうとう顧客にまでも、
「みやさんがスカートはいてる!!」
と驚かれた。


さらには、どっかの偉い人に、
「なんだかこの職場ってゆるくて楽しい雰囲気だよね。」
などと褒められてるのか叱られてるのかわからない評価も・・・


そりゃあ私はガーデニングのイベント屋、
「スーツより作業着が似合って、
いつも楽しそうに仕事をしている」は、
まさに狙った通りに見られているということで、
それは大変喜ばしいことなのですが・・・


私だってつらいこともあれば仕事を辞めたいときもある。、
寒い日暑い日はデスクで座って仕事するほうが楽だし、
お化粧してスカートはいて、ボールペン以外持たない可愛い女子になってみたい。


そんなふうに拗ねるのは、40歳すぎて大人げないですかね?


拗ねたときは敢えて重い荷物で外回り、
今日もドカタなみやでした。
ガテンな土方女で何が悪い!

"リケジョでもなくドボジョでもなく(拗ねるアラフォー女子)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント