子どもにかかるお金

画像
昨日は息子の授業参観&部活動説明会でした。

相変わらず熱血な野球部顧問は、松岡修造かと思うくらい熱く語ってました。
そういえば、娘のソフトボール部顧問も相当暑苦しいなあ。
体もガッチリでかくて声もでかく、やたらとよく食べる。
野球の指導者ってみんな似てる?
細マッチョが多くて爽やかなサッカーとは大違い…
こういう「巨人の星」的熱血がはやらないから、
少年は野球からサッカーに流出していくのだろうか?

そんなことをボンヤリと思ってたら、
集金タイムになりました。

活動費3000円と部費500円。
合わせて3500円が1年分ですから、かなりお安い気がします。
公立の学校ってやっぱりありがたいですね。

しかし…

「欠席者の分を誰か立て替えてください。」
と役員さんが言ったところでひと悶着。

私はたまたま、欠席のお母さんのひとりと翌日ビールなんぞ飲もうと約束していたので、
その分を立て替えて払いましたが…

もう一人の分が物議をかもす。

「あの人、ちゃんと払ってくれないかもしれないからヤダ」

みんながみんなそう言うんです。
その人といつも仲良くしているお母さんたちも、聞こえないふり。

…ていうか、3500円の部費、しかも他人に立て替えてもらった分を払わないってどういうこと…?


さすがに私も2人分立て替えるほどお財布にヨユウがない。

「友人にお金を貸すときは、貸すんじゃなくてあげたんだと思え」
って言いますけど、立て替え払いも借金と一緒??


結局、その人の分は先生が直接徴収することになりました…


よそ様の家の経済的事情はわからないけれど、
そこの子は我が家によく遊びに来るので、
なんとなく家庭状況は聞いている。

わが家と違ってふた親そろっていて、
父親が勤め人、母親が美容師さん。
二人兄弟で祖父母が近所に住んでいる。

…子どもの部費年3500円を払えないとは思えないけど…

見えない家庭の事情もあるでしょうから、
外から勝手に想像しちゃいけませんね。

わが家だって、私が病気にでもなれば、
あっという間に困窮する。

いやいや、今だってすでに貧困家庭?
授業参観で見た子どもたちは、
文房具や部活道具、靴なんかも結構イイもの使ってた。

それと比べると我が子らはちょっとみすぼらしいのかも…

(ついでに言えば、お母さんたちもみんな着飾ってキレイだった…
みすぼらしいのは母も同じ? 

とりあえず、子どもたちに肩身の狭い思いをさせないよう、
もう少し頑張って働こうと、母は改めて思いました。
画像

学費に食費、服飾費…
これからますますお金がかかる子どもたち。
でもお金の苦労はさせたくないよなあ。

"子どもにかかるお金" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント