MRIのちカレーパン

売りものとは思えない? 妙にゆるいパンを発見。
画像
その名もタコちゃん、¥100円なり。

さて、子宮にできた筋腫ちゃんをいかに摘出するのか、MRI検査のため、
紹介状を手に二駅先の病院までやってきました。
画像
病院通いにはもったいない?爽やかなよい天気です。

MRI検査初体験。

どういうわけかタオルとベルトでぐるぐる巻きにされ、
狭い筒型カプセルに入ること30分。

ものスゴイ音がするとか、閉所恐怖症の人はツライとか、いろいろ言われますが・・・

そのほとんどをうたた寝して過ごしました。


ぐおんぐおん・・・と重低音がずっと響く中、カンカン、ガンガン、ごんごん、ブーッ、ドンドン・・・

いろんな音がするんですけど、さほどうるさくもなかったかな?

たぶん閉所恐怖症の人に配慮しているのでしょうが、妙に明るかったのがまぶしすぎて、
いっそ暗い方がもっとよく眠れたかも(笑)

そして、検査結果はかかりつけ医から・・・と言われて、お会計だけして終了。

検査だけなのでお医者には会ってないのに「初診料」をとられるのは如何なることや、
MRI検査料は¥7,800円。意外と高いわ


思ったより早く終わったので、初めての街をお散歩してみると・・・

気になるパン屋さんを発見。
画像
「アンポンタン」とは、ふざけた店名ではなくて フランス語で「夢の懸け橋」なんだって。

カエルがトレードマークらしい。
画像
その場でググったら、このお店で必ずおさえるべきおすすめは、3つ。

ベシャメルソースとチーズがたっぷりの「breakfast」
画像
ちょうど今まさに焼き立て!

アツアツをはふはふ、ソースもチーズもとろとろ、パンはふちがカリッ、中はふわふわ。

お次は、注文を受けてから揚げるカレーパン。
画像
ふだんカレーパンなんか食べないんだけど(ダイエットの敵だよね
この煽り文句に負けてしまった。

揚がるのを待つ間に次いってみましょう。

あたためると濃厚チョコがとろけ、フォンダンショコラのような味わいになるという「ザ・ショコラ」。
画像
フランスパンにつつまれたケーキみたいな濃厚チョコ生地に、ミルクチョコとホワイトチョコがたっぷり。
ナッツも入ってて美味しそう~。

しかし、焼き立てがなくて値下げされた見切り品だったので、持ち帰ってあたためてから食べましょう。

さあ、そうこうするうちにカレーパン登場!
画像
揚げたてアツアツ、手にしただけでわかるカリカリのクリスプ感。

さあ、いただきまーす。
画像
パン生地は絶妙な揚がり具合でカリカリのサクサク。
薄くて軽いので、パクパクいけちゃいます。
画像
カレーはさほど辛くなく、具もごろっと。

朝10時まではドリンク1杯無料なので、コーヒー片手に豊かな朝食。


病院に来たはずが、すっかり楽しんでしまいました。

子宮筋腫って食欲には影響ないからね~

とりあえず、結果は1週間後です。

"MRIのちカレーパン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント