誰かに聞いてもらいたい愚痴

今日は仕事に行きたくない。

仕事を辞めたい。

そう思う朝は誰にでもあるのではないだろうか。
画像

いつも明るくて何に対しても前向きだと世間で言われている私にも、
そんな朝はわりと頻繁にあって、
秘書室の副長なんて変なポジションに就いてしまった最近は、
もはや降格してもいいから何か忙しくできる仕事か職場を与えてほしいと毎日切実に思い、
毎朝毎晩比喩ではなく泣きながら、這うように通勤しています。

課長試験に合格して課長待遇になったとはいえ秘書課長が隣にいて、
課長を差し置いて何かできることがあるわけでなく、
かといって昇任してしまった以上は一般の課員にも戻れず、
ただ秘書課長の後を付いて歩くだけの毎日は、
誰から見ても無意味だし無駄じゃないだろうか。

自分で自分の存在意義に価値を見出せない。
これといった仕事もなく、かといって他に何か出来ることがあるわけでもなく、
よく言って飼い殺されてる籠の鳥、
悪く言えば給料泥棒な現状が毎日つらい。

それともこれは贅沢な悩みなのか、
それとも私の怠惰なのだろうか?

とにかく早く一年が過ぎて、
この牢獄みたいな状況から解放してくれないか、
まだ6月も終わらないというのに、カレンダーを日々塗り潰すようにして生きている。

夜眠って目が覚めたら3年後くらいになっているといのにな。

"誰かに聞いてもらいたい愚痴" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント