both of my bosses

できれば透明な存在になって、
だれにも迷惑をかけずに生きていたい。
IMG_6827.JPG
そんな考え方は非現実的なうえに、逃避的なのかもしれませんけれど。
それでも益体もなく感傷的になる晩秋の風寒きこの頃。

秘書室とITセクション兼務の私には、上司としてふたりの課長がいるのですが・・・

そして私は時々「どっちも頼りにならない!」と毒づいていたわけですが・・・

そのうちのひとり、IT課長がなんとメンタル病休直前としてリハビリ出勤扱い、
課から離れた分室に行くことになりました。

原因は、課長本人曰く次長のパワハラだとのことですが、表向きは副社長からの特命に専念するため。
「特命課長」って響きはかっこいいけど、課長が課にいないって異常事態でしょう・・・

そして、当の次長は嫌いな課長を厄介払いできてかえってホクホク顔。
私に向かって「これからはおまえが課長代理だ!」と宣言しました。

いや、そもそもは私の兼務こそがDX推進という特命だったはずなのに、
なんで立場が逆転したのやら・・・


そこでいろいろ考える。

もしかして、私が今ここにいなかったら、課長を課から外すなんてなかったんじゃないか。

いくらパワハラだの特命だの言っても、
課長が本当にいなくれば部下はもちろん、次長当人だって困るわけだし。

しかし、たまたまここに課長待遇の課長でない、しかも兼務で宙ぶらりんなワタシがいたから、
課長を飛ばしてもスペアがいるとばかりに、
副社長も次長もこんなヘンテコリンなことを考えるわけですよね。


・・・なんだかね。
この事態発生に私の責任は多分ないとは思うのですが、
それでも自分がここにいたが為にこんなことになったかと思うと、
自分の存在そのものが悪かったみたいで、
遡って兼務辞令を取り消してもらいたい。

私は私を必要としてくれる職場で、誰かの為になる仕事がしたい。
それだけを思って誠実に務めてきたつもりなのに。

望んでもない秘書室に行かされて、やっぱりいらなかったと放り出されて、
やっと全力を尽くせる仕事を得たかと思えば、ヘンな権力闘争に巻き込まれて、
また誰かに邪魔にされたり誰かにいいように利用されたり・・・


なんだか会社ってつまんないところですね。

それも私の働き方が悪いのかしら。


そしてこの事態に対して、もう一人の上司である秘書室の課長の方は、
社長と一緒に海外出張中。
LINEではあまり詳しい話もできず、あんまり頼りになる助言は得られなかった・・・

Both of my bosses are absent now.

英会話教室でダジャレを言って笑っちゃう週末。
ストレス食いでますます太る~
383FAD67-7288-40DC-8238-6B9B4A1561AA.jpeg

"both of my bosses" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント