あれから8年

10月5日は離婚記念日

自分の人生すべてに絶望したあの日から、とうとう8年経ちました。

今ここで生きている意味を思って目覚める朝。
9030B8DC-CF54-4D7F-8AC1-F993E622A1E4.jpeg
一度は愛し合い、この人生を預けると決め、そして子までなした相手に、
心身ともに傷つけられ存在を否定され、最後は借金だけ残して捨てられてから8年。

8年間ずっと、自分以外の人がみんな幸せに見えた。
他の人がみんな羨ましくて、自分の人生には生きる価値がないようで、ただひたすら惨めだった。
あの日から後の人生は、取り返しのつかない失敗の後処理、
いわば敗戦処理の消化試合、死ぬのを待つだけの晩年であり老後でした。

しかし。

毎年のこの前後になると過去を思い出して欝々と暮らしていたのに、
今年は過ぎてしまってもこの記念日をすっかり忘れていました。


ようやっと、ひとやま乗り越えられたのかもしれません。


あまり人には離婚のことを話さなくなりました。
むしろ意識しなくなったのかもしれません。
やっと一人で生きていく覚悟ができた気もします。
誰かと愛し合いわかり合うという幻想に、諦めがついたのかもしれません。


この心境がいいのか悪いのかわかりませんが、
今ここでまだ頑張って生きてます。

8年間生き延びた自分に、乾杯。
84A794BD-61A7-4F13-9F53-A215B4C2DE88.jpeg

"あれから8年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント