上司の条件

隣の課の女子は、毒舌で人にアダナを付けるのがうまい。

怜悧にして正確無比、めったに感情的にならず口調も平坦な部長は「AI」。
部長の正反対に感情豊かですぐ大声を出す次長は「パワハラ」。(これは割とまんまだな)
外見も性格もヤンキー風な部長その2は「チンピラ」。
某宗教団体の役員を務める情報アドバイザーは「大作」。


「大作はおしゃべりが長いくせに仕事の話になると逃げていく。アドバイザーとして意味不明」
「ケンカと勢いが強いのはチンピラだが、絶対折れないAI。
 必ず最後にAIが勝つ」(昔の歌謡曲の歌詞みたいですね笑)。


一応課長職である私の目の前にはたいてい上司本人がいるというのに、
チャットには次々と笑える言葉が送られて来る。
我慢できず毎日吹き出すワタシ・・・(でもAIは動じない)

そして、部下たちの遠慮ない発言を笑いながらも考える。


上司というのものは、やはり個性が強いからこそ強力なリーダーシップを発揮するのだろうか?

だとすると、ふにゃっとしてオッチョコチョイな私は、管理職に向いてないのではないか??

あるいは、サザエさん的なキャラ設定も、強い個性のひとつとしてなんらかのリーダーシップになりうるのか???


・・・と、ここまで書いて気が付いた。
絶対ワタシも「サザエ課長」とかアダナ付けられてるな。


でもいいや、トップマネジメントを担う部長級と違って、
現場と社員を預かる課長級に重要なのは、たぶん「話しかけやすさ」と「愛嬌」です。
交渉力と協調性が高いリーダーを目指しましょ。

新米課長の目標は、「威張らない」「怒らない」「かっこつけない」です。
476BEA09-D40C-4950-843D-4CF2D5FF5B41.png
5917C81B-8646-4978-AC84-88A38DAD8E1B.png

"上司の条件" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント