テーマ:カウンセリング

眠れなくても死なない?

離婚以来、不眠症です。 以前は夜明け前からパンを焼いたりお菓子を作ったりしたこともありました。 ダイエットを兼ねて空手や筋トレに打ち込んだこともありました。 眠れぬ夜に読書を始めたら夜明けまで読み続けて毎晩3冊も読んでしまったり、 ビールとスイーツに逃げたりしたこともありました。 ・・・この8年間、不眠に苦…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

父に会いたい

お金も時間もない母子家庭ですが・・・ 月に1回だけ、お給料日のご褒美に、母子3人で外食します。 今月は電車に乗って、安くておなか一杯食べられるステーキ屋さんにやってきました。 赤身が主のテキサスステーキとハンバーグのコンボ。 母は、18時前のサービスタイムで200円のハイボールをつけちゃう。 息子はその名も「モンスター…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ほったらかしガーデニング

名前も知らない多肉植物に、かわいい花が咲きました。 我が家のほったらかしベランダガーデン、 デリケートなバラやアイリスは数年に一度しか花をつけなくなりましたが・・・ 多肉植物だけは元気に花を咲かせてくれています。 カランコエの赤い花、かわいい♪ 風に揺れる黄色い小花。 何故でしょうね、こんなに空が青く晴れて風も爽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精神科初体験の記

不眠症歴3年目にして、 いよいよ病院に行くことにしました。 カウンセリングもいいけれど、 「いつかきっといいことがありますよ」 なんて言われ続けると、 なんだか疲れるだけなんです。 会社の看護師さんにどこの病院がいいか訊いてみると、 かかりつけなら内科でもいいですよ。 なんて言いますが、 残念ながら歯医者や…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

恢復しない家族

月最初の土曜日は心のドアを開ける日。 月に一度、カウンセラーに会う日です。 今回は初めて、子どもたちを連れて行きました。 家族療法はあまり好きじゃない、といいつつも、 カウンセラーからの提案です。 50分の面接時間に、母・息子・娘… 入れ替わり立ち代りでやや慌ただしい。 それでも、カウンセラーからは…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

暮れの不元気なご挨拶

♪ここで夢を見てた この道を通った my home town どんなに離れていてもぼくの生まれたまち♪ ・・・というわけで、1年ぶりの帰省です。 街も人も何もかもが変わっても、 相模川を渡りながら大山を仰ぎ見る景色は変わらず。 3年前までは、大晦日の夜はおせちをつくり、 紅白を見ながらお蕎麦を食べて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カウンセラー

どうしようもなく悲しくて、 どうにかして救われたくて、 カウンセラーのもとに通い始めた。 でも、最近はその効果もよくわからない。 このところいつも言われること二つ。 あなたはとてもよく頑張ってる。 いつかきっといいことがありますよ。 ・・・そんなこと、わざわざカウンセリングに行かなくても…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

愛が足りない

このところ、 カウンセラーの元に通うワタシ。 小2娘が夜泣きするんです…。 学校や学童保育でも、 友だちが家族レジャーの自慢をすると、 羨ましくって意地悪しちゃうそうです。 いろんな綻びがあちこち出始めた、 離婚1年目の我が家。 実家の母には、 花に水をやるの…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more