テーマ:読書

八甲田山市の方向

元図書館員、気になる本や面白い本は、自腹で買って職場に並べて置く。 時々部下や他部署の人がふらりと持ち出していく。いい社員研修でしょ。 そしたら今度は逆輸出? 部下に本を進められました。 新田次郎「八甲田山死の彷徨」。なかなか重たい読書です。 しかも、部下の言うことにゃ 「指揮官の素質…

続きを読むread more

踊るしかないんだよ

踊るんだよ。音楽の続く限り。 そんな言葉が、不意に夢に出てきました。 青春時代に読んだ小説の一節。 村上春樹の初期連作小説の最終編「ダンス・ダンス・ダンス」。 孤独と空虚の迷路にはまり込んだ主人公の、 「それで僕はいったいどうすればいいんだろう?」という問いかけに、 羊の皮を被った「羊男」がこう答える。 「…

続きを読むread more

上司がこどもっぽくてあきれた話

先回りして言うと、また上司の愚痴です。すみません。 私は元図書館員、本が好きで書店めぐりもまた楽しい。 評判の高い古書店や図書館に、仕事半分楽しみ半分でかけていきます。 情緒あふれる世田谷線に乗ってやってきたのは松陰神社前の古書店。 古書店とはいえオシャレなセレクトショップです。 あまり流通していないレーベルの…

続きを読むread more

浴衣と本と、城崎温泉

「ゆかたの似合うまち」城崎温泉にやってきました。 チェックイン後はゆかたに着替えて外に出かけよう。 ソフトボール三昧のJK娘は、大人になってからは浴衣初体験。 母もゆかたなんて何年振りかなあ。 天橋立から電車で約1時間30分。 城崎温泉の宿は「夢こやど 天望苑」にしました。 こじんまりした宿ですが、完全に女子…

続きを読むread more

AIの故障

9月の決算も終わって気が抜けたか、 ちょっと「お疲れモード」(BYヤンキー部長)な私です。 仕事は毎日こまごまとしたトラブルが起きる。 そもそも方向性が不透明。 そして自分の適性や能力も不十分。 疲れてるからそんなふうに思うのか、いやそんな状況なら疲れて当たり前なのか・・・ そんなこんな言ってる間に、冷静沈着…

続きを読むread more

本の読める場所を求めて

Book & Beer@下北沢。 社長に「面白い本屋がある」と勧められたので、出かけてみました。 下北沢と世田谷代田の中間にある「Bonus Track」。 小田急線が地下になった線路跡地にできた、新しいタイプの商業施設です。 商業施設とは言っても、コンセプトは「職・遊・住」だそうで、建物は住居を兼ねた「長屋風」…

続きを読むread more

木陰で読書

書をもって外に出よう。 仕事の本ばっかり読んでるな。 夏休みもどこにも行かず過ごしましたが、いつもの読書を公園の木陰でしたら、それだけで避暑地気分。 我ながら安上がりです。 猛暑で人気の少ない公園を独り占め。 緑陰は思ったより爽やかな風が吹くし、 アイスコーヒー片手に本のページをめくれば優雅な時間ではありませんか…

続きを読むread more

また本を読む

最近は仕事が忙しいか老眼のせいか、前ほど読書が進まなくなりましたが… DX(デジタルトランスフォーメーション)とぶたぶたシリーズ。 ぶたぶたさんは、料理上手で癒し系の中年男性なのになぜかぶたのぬいぐるみ。 その見た目と優しさと美味しい食べ物で、いろんな人を癒してくれる。 私のところにも来てほしいけど、DXなんて胡散臭いモ…

続きを読むread more

Stay Home

外出しないことが最大事として推奨される昨今・・・ もともと人嫌いで引きこもり気味な私は、 一日じゅう化粧もせずゴロゴロと寝たり起きたり、 何もしない自堕落な休日を過ごしても罪悪感がなくなって気楽です。 これは世間の引きこもり達にとっては福音なのかも? そんなわけで、家で楽しめることをゆるーく楽しみましょう。 …

続きを読むread more

名探偵あらわる

トイレで本を読んではいけません。 職場に隣の課の女性がやってきて、こう言った。 「みやさん、トイレに本を忘れていませんか」 ・・・確かに私の本でした。 ・・・後になってからふと思う。 なんで私の忘れ物だとわかったのだろう。 ①いかにもこういう本を…

続きを読むread more

意味への意志

言葉にすると、まるで変態みたいですけど。 「不幸な人生」とか「苦悩する自分」とかが嫌いではない・・・ むしろ好きですらあることに、最近気が付いてしまいました。 辛い時ほど生きてる実感がしませんか。 しばらく読書から遠ざかってましたが、最近また少しだけ再開。 心理学の中でも、特にユングと河合隼雄に傾倒していた大学…

続きを読むread more

ぶたぶたぶたぶた

仕事も家庭も荒れ放題な私に、友人が癒し系の本を貸してくれました。 矢崎在美の「ぶたぶたさん」シリーズ。 外見はぶたのぬいぐるみ、中身は中年男性という「山崎ぶたぶた」さんが、悩める人々を癒すお話です。 豚たべながら、ぶたぶた話。 東京駅の「旅する子ブタ」という豚肉バルにて、青いスパークリングワインで乾杯。 友人が八重洲の…

続きを読むread more

人生の課題ってなんですか

どうせやるべき仕事も果たすべき役割もないと言うのであれば、休暇をいただくことにしました。 横浜オールナイト女子会。 高校時代の仲間5人が、 桜木町にマンションを持つ友人の家に集まって夜通し飲んでました。 とはいえ、独身貴族や家庭円満の友人たちに囲まれて、 無駄話の中にも孤独を感じる。 独身の友人が、「今世の課…

続きを読むread more

愛に過去は必要か?

死んだ夫は、戸籍を取り換えて他人の姓名と人生を騙っていた・・・ 最近読んで面白かった本。 「愛にとって、過去とは何だろうか?」 「現在が、過去の結果だというのは事実だろう。 つまり、現在、誰かを愛し得るのは、その人をそのようにした過去のお陰だ。」 ずっと、自分の過去を悔やんできました。 2人の子まで成した…

続きを読むread more

イケメンパラダイス?

人事異動で秘書課に配属になり、みなに言われること・・・ 秘書課は美男美女が多い!(もちろんワタシ以外) 特に男子は高身長のイケメンぞろい。 何しろ課長が、わが社の福山雅治と呼ばれし男。 (ただし私の食い意地を笑った「絵に描いた餅以下のイケメン」ですけど) 若…

続きを読むread more

思春期の子を持つ親に

最近面白かった本。「望み」雫井脩介 残虐な高校生リンチ死事件。 事件前後から行方のわからない息子は、加害者なのか被害者なのか… 犯罪者でもいいから生きて帰ってほしいと祈る母、 死を意味するとわかっていても息子の無実を信じる父。 母親は、仕事も家庭も、もう一人の我が子の未来さえ捨てても、加害者の親として生きる覚悟をかため…

続きを読むread more

BUTTER でご飯

バター醤油ご飯。 これはきっと、ズボラ飯とかあかん飯とか言われる類なのでしょうね? 柚木麻子「BUTTER」を読みました。 男たちが婚活で出会った女に次々と大金を奪われ、命まで落とした首都圏連続不審死事件。 結婚詐欺と大量殺人で逮捕されたのは、若くも美しくもない太った女・・・ 若い女性記者がその取材の中で、彼女の欲望や…

続きを読むread more

なぜ人は日記を晒すのか?

相変わらず不眠症なので本を読む。 「ブログ進化論~なぜ人は日記を晒すのか」 いまさらですが、ブログって何なんだろうなあって思ったりして。 ブログはコミュニケーションツールだというのは今さらな話ではありますが、 ブログの付き合い方もイロイロなのかな、とも思います。 ブログを始めて4年がたって、 ずっと読んでくださる方も…

続きを読むread more

あたしンち

タイトル間違いですね(笑) 叱られてもメゲないノー天気な息子、 誉められるけど実は腹黒い?娘、 仕事中毒で育児に雑な母ちゃん、 子煩悩なんだけどダメな父ちゃんは不在の存在感。 我が家のことかと思うほどそっくり・・・ 特に息子、キャラだけでなくビジュアルも激似(^◇^;) ちなみに、 「毎日かあさん」は毎…

続きを読むread more

シングルマザーの勇気と情熱

朝焼けの美しい空です。 今年もまた、冬が始まる。 冷たくも澄んだ冬の朝の空気が好きです。 クリスマスに年末年始。 慌ただしくもにぎやかで、 母子家庭の我が家にはちょっと切ない季節です。 シーラ・エリソン「シングルマザーの勇気と情熱」。 周りにシンママ仲間がいないので、 こんな本を借りちゃった。 「離婚してひ…

続きを読むread more

秋なのに

新米の季節ですね。 世間は栗ご飯や松茸ご飯の全盛期だというのに、 子どもらは筍ご飯が食べたいだって。 ( -_・)? 仕方がないからパック水煮で作ってみました。 季違いだが仕方がない… って昔の小説、知ってますか? 読書の秋に少し前の話題作を読む。 中村文則「去年の冬、きみと別れ」 連続殺人事件…

続きを読むread more

なくしたものの形

食いしん坊みやが健在なら不眠症みやも健在で・・・ 眠れぬ夜には、本を読む。 勉強や仕事になる本じゃなくて、小説ばかりなんだけど。 どれもまあまあ面白かった。 「恋」を「結婚」に置き換えたら、これって私のこと? と思ったのがこの文章・・・ ちょっと長いですが、引用させてもらいます。   {%…

続きを読むread more

遅く来た母の日

母親って、なんでしょう。 よい母親って、あるのでしょうか。 角田光代「マザコン」と室井佑月「ママの神様」。 小説の中にいろんな母親像を眺めつつ、 何か悩み深き母に、息子から思いもかけずプレゼント。 母ちゃんにあげる。 母ちゃんの好きなコーヒーと甘いもの。 いきなりどうしたの?と聞けば、 …

続きを読むread more

ミルメーク

駄菓子屋さんから、賞味期限が切れそうだからともらいました。 ミルメーク。 世代や地域によっては、知らない人もいるようで・・・ 学校給食でよく出る、 牛乳に混ぜるフレーバーシュガーみたいなモノです。 バナナ味、イチゴ味、コーヒー味なんかあるけど、 どれも割と子ども向きに甘ったるい。 牛乳は冷やしてそのままが一番な我が家で…

続きを読むread more

言葉の力

こんな本を読みました。 原田マハ「本日は、お日柄もよく」。 フツウのOLが、スピーチライターとして政治の世界に入っていく物語です。 スピーチが、言葉が、社会を変える。 大げさかもしれませんが、 キング牧師やアメリカ歴代大統領のスピーチがいまだに語り継がれるのだから、 あながちオーバーな話ではないかもしれません。 そ…

続きを読むread more

家族という不幸

みなさんゴールデンウィークはいかが過ごしでしょうか。 ゴールデンウィークもトビトビ仕事、 溜まった家事ときどき子ども部活のみやです。 娯楽は朝コーヒー昼コーラで夜ビール、 お供は読書です。 今日読んだのは、森絵都「ラン」。 家族を亡くし身よりなく、人づきあいも避けて孤独に生きる女性が、 不思議な出来事とおか…

続きを読むread more

我が半生記?

こんなふうに生きられたらいいなあ…「リアル・シンデレラ」姫野カオルコ 喪失を昇華させる「遥かなる水の音」村山由佳 強くあれば自由「この女」森絵都 人の心の醜さと美しさと「サファイア」湊かなえ 失敗しても希望は失わずに「コーヒーもう一杯」平安寿子 歳をとるって難しい「今夜は心だけ抱いて」唯川恵 不倫?略奪?純愛?「喋々喃々」小…

続きを読むread more

ブスで何が悪い!?

にわかに百田尚樹ブームにハマる。 「モンスター」。テレビで話題になったらしいですね。 これもまた凄い話。 体を売り命を削ってでも美人になろうと、 整形を繰り返す女の物語。 その執念の源は、醜い顔に生まれた恨みつらみと、 それゆえに敗れた幼き初恋。 げに凄まじきは恋心。 でも、現実的な話としても、 外見の…

続きを読むread more

読書の秋に

零戦ばやり? ジブリアニメの「風立ちぬ」も、 零戦を作った堀越二郎の話ですが、 映画原作のこれも、零戦に乗った人の話。 急に零戦のミニチュアを集め始めたボスが、 本を貸してくれました。 特攻隊として死んだ祖父の足跡をたどる姉弟の物語。 「妻子のため、必ず生きて帰る」と人一倍生へ執着した祖父が、 なぜ最期は特攻…

続きを読むread more

珈琲のお酒

去年漬けた梅酒は、我ながら美味しかったです。 今年は何を漬けようか・・・梅は季節を逃してしまった。 いっそ果実ではなく珈琲豆なんか面白そうだ。 そんなことを思ってたら、 ジャストタイミングで当たりました! 永昌源の「珈琲酒」。 永昌源といえば、 中華の飲み会で必ず飲んじゃう杏露酒。 珈琲酒は9月の新発売だそうです…

続きを読むread more