テーマ:人生

何かいいことないかしら

毎朝、青空に独り言をつぶやいちゃう。 今日は何かいいことないかしら。 帰り道、今日の辛い一日を乗り越えてまた明日も生きていく自分に、 ひとり缶ビール以外のご褒美が思いつかないとまたつぶやく・・・ 明日も元気に頑張れますように。 そして、この人生の先には、何かいいことあるのかしら。 でもそんな自分に突っ…

続きを読むread more

ひとりでできるもん

いうなれば、転落恐怖症? タワーやヘリコプターは平気なので高所恐怖症ではないのですが、 アスレチックとか脚立なんかは苦手です。 なのに・・・ リビング天井の照明が切れました 数日間ダイニングの薄明りで我慢して暮らし、 やっと勇気を振り絞り電球を交換。 机の上に椅子を重ねてエイヤ…

続きを読むread more

責任を取るということ

去年1年間だけ私の直属の上司だった人は、 「責任はすべて俺がとる」 が口癖でした。 その言葉を100%信じていたわけではないですが・・・ 去年1年かけて実施した、背水の陣で命懸けの一大プロジェクトが終わり、 ドラマのような綺麗なハッピーエンドにはならない微妙な結果。 上司は「責任を取って…

続きを読むread more

馬鹿だっていいじゃない

馬鹿に馬鹿と言われました。 馬鹿息子が唐突に行ったことにゃ、 母さんて、頭はいいのかもしれないけど、 生き方が馬鹿っぽい。 おっちょこちょいで容量悪くて馬鹿なんだよ。 だって まあ否定はしないんだけど、唯一反論するとすれば、 そんなのずっと前から自分でもわかって…

続きを読むread more

追悼、別れの寂しさ、そして働く幸せ

今日、前の前の前の職場で知り合ったお客さんが、会社に訪ねてきてくれました。 旦那さんが急に亡くなって一人になり、引っ越すとのことでした。 思い起こすのは、最初の出会いが苦情だったこと、 でもずっと一緒にボランティア活動してくれたこと、 異動後も時々会いにきてくれたこと。 なのに、コロナ禍を理由にずっとご無沙汰してし…

続きを読むread more

春近し

千葉の初雪、1月29日にちょっとだけ降りました。 都内の方がたくさん降ったようで、可哀そうな息子は現場で雪かき。 そして、「母さんも体調には気をつけてね」なんて優しい言葉が届きました。 大飯ぐらいだバカだと言ってた息子にこんなメッセージをもらうとは、感無量。 寒い冬の日々、いつのまにか肩をすぼめうつむいて歩くようにな…

続きを読むread more

気が付いたら10周年

最近ウェブリブログは周年記念メールをくれないんですかね? 2月20日はこのブログ開設10周年。 ブログ友さんからお祝いのメッセージをいただいて、初めて気が付きました。 今とは文体も違えばキャラすら違う、はじめましてのブログは2011年2月20日。 以来この10年・・・ ブログ開設後すぐに東日本大震災がありました…

続きを読むread more

わたしの失敗

上司だからと言って、あまり命令や強制はしたくない。 できるだけいろんな意見を聞いて、それぞれが自分で動けるチームにしたい。 新米課長の私にはそんな理想があったわけですが、 部下からすると弱腰で判断力の弱い上司なのかもしれません。 現在、部下がよその部署の職員と問題を起こして、 まさかのハラスメント騒動中です。 …

続きを読むread more

2020年を振り返って

今年も仕事納めに課内で鰻を食べました。 去年の鰻と全く同じだ。上が今年、下が去年。 年年歳歳人同じからず、でも鰻は同じ(笑) 年末忙しくて味がわからないのも全く同じ。 こうして一年を繰り返して、いろんなことを乗り越えたりやり過ごしたりしながら、人は年を取っていくのでしょう。 「挑」の2019、「戦」の2020と昨年…

続きを読むread more

オープンマインド

って何でしょうね? 直属の上司が最近妙に子どもっぽくて、 その愚痴を思わず部下にこぼしたところ、 「理事は課長には心を開いているんですよ。 課長はオープンマインドだからー」 と言われました。 オープンマインド? ネットによれば、 「オープンマインド」とは「自分をさら…

続きを読むread more

踊るしかないんだよ

踊るんだよ。音楽の続く限り。 そんな言葉が、不意に夢に出てきました。 青春時代に読んだ小説の一節。 村上春樹の初期連作小説の最終編「ダンス・ダンス・ダンス」。 孤独と空虚の迷路にはまり込んだ主人公の、 「それで僕はいったいどうすればいいんだろう?」という問いかけに、 羊の皮を被った「羊男」がこう答える。 「…

続きを読むread more

得にはならぬ徳を積む

いざという時に頼れる存在? それとも、ただの隙間仕事スイーパー? 組織横断的働き方?あるいはただの便利屋なのか? DXというイマイチなんだかわからない仕事を所管する私の元には、 よその部署で行き詰った仕事や、 所感部署と喧嘩した顧客からの苦情がしばしば持ち込まれます。 最初は面白がっていた部下たちも、最近は 「…

続きを読むread more

婚姻ヒエラルキー

これだけ多様性が認められるようになった現代社会においても、 いまだ「配偶者がいない」とか「結婚したことがない」に対する偏見って根強いのではないでしょうか。 結婚して子あり>結婚してるけど子なし>結婚したことがない こんな価値観のヒエラルキーを感じることはありませんか? そして、結婚したことはあるけど今は独身、という状態は…

続きを読むread more

空も飛べないぺんぎんだけど

余分なものはいっさい持たない。 それが飛ぶためのきまり。 可愛いのに奥深い。 「さかざきちはるの本づくり展」に行ってきました。 JR東日本のSuicaのペンギンや、千葉県のマスコットキャラクター・チーバくんなどのキャラクターデザインで知られるさかざきちはるさん、 その活動の原点は絵本の制作からだそうです。 展示会…

続きを読むread more

小さい秋を見つけて

お天気中継で有名な毛利庭園。 今年も紅葉狩りには行けそうにないので、ささやかに散策してみました。 世の中が乱れ人の心穏やかならずとも、 季節は巡り自然はいつも美しい。 舞い落ちる葉の一枚に、自己のとらわれや狭小さを知る秋のひとときかな。

続きを読むread more

私は珍獣

私のトリセツ、再び。 前にやったときとなんか変わった・・・ ・・・怖いもの知らず? ノリがよすぎて安請け合い、余裕がないけど好きでやってるから楽しく生きてる。 やだ、当たってるじゃん 失敗を恐れず新しいことにチャレンジする・・・ ・・・そしたら、よその部の次長にこう言われちゃいまし…

続きを読むread more

離婚記念日、9年目(1か月遅れ)

誰かに呼ばれたような気がして目が覚めたら、びっくりするほど綺麗な朝焼け。 そして、金木犀の甘い香り。 夢の続きみたいに美しい朝。 2020年10月5日。幸せな気持ちで目覚めたこの日は、 とうとう離婚9年記念日でした。 9年前は、今思い出しても、いつも暗い夜の中にいたような気がする。 2011年という年は東日本大震…

続きを読むread more

空色の手帳

新しい年が待ちきれない? 来年の手帳をもう買ってしまいました。 今年と全く同じ手帳。 係長(当時)に似合ういい色ですね。 文房具好きのかつての部下がそう言ってくれたのを思い出して、 同じ手帳3冊目です。 心密かに込めた想いは、こんな色の晴れた空が、 いつもみんなの頭上にあります…

続きを読むread more

若さの秘訣?

自分で言うのもなんですが、実年齢より若く見られます。 職位や子どもの年齢を告げると大抵驚かれる。 学生や妊婦に間違われてニヤリとする。 いや、若く見えることが必ずしも良いことかどうか、という議論もありますね。 でも、褒める場合も貶す場合もその理由はおそらく同じ、3つあって・・・ (1)外見の問題=化粧や服装がラフで…

続きを読むread more

どこまで行っても面白い人

あなたが面白くなければ、世の中が面白くない。 「課長になるには面白い人」「課長になっても面白い人」と言われる私でも、 そこまで言われるとさすがにドン引きですが、 部下が「課長のことが書いてある!」と教えてくれました。 あなたは色々なものや人を「面白いかどうか」で決めているところがある。 「こっちの方が面白いでしょ」とか…

続きを読むread more

Get Wild退勤

Get Wild退勤って流行っているんですってね。 Get Wild退勤とは、 退勤する時にTM NETWORKの名曲「Get Wild」を聴く、ただそれだけ。 かつての人気アニメ「シティハンター」の主人公ばりに良い仕事をした気分になれて、 背後で建物(会社)が爆発する脳内妄想も快感でおすすめなんですって。 しかし…

続きを読むread more

らしくないのがいいところ?

課長らしくない課長でいたい。 容儀が軽くて偉そうに見えない。 よくしゃべってやたらと動き回り、 声をかけられれば何にでも首を突っ込む。 ときどき無駄に巻き込まれるけど、 なんだか妙に楽しそうでもある。 春に課長という職をいただいてから、 大っぴらに言うと怒られそうなことをずっと考えてました。そしたら…… 課長…

続きを読むread more

私の行く道

娘の進学問題の一方で。 母も自分の人生を再考し始めました。 若い頃は図書館司書かカウンセラーになりたかった。 今は大勢の人に喜んでもらえる仕事がしたい。 管理職になったのは、 みんなが楽しく働ける職場をつくりたかったから。 図書館司書の夢はひとまず叶えたものの、 それ以外はどうも思ったよういって…

続きを読むread more

きょうだい児

きょうだい児という言葉を知っていますか。 きょうだい児とは、障がいや病気をもった子の兄弟・姉妹のこと。 きょうだい児は、幼いころに寂しい思いをしたり、 兄弟姉妹のことでからかわれ傷ついたりと、独特な悩みがあるうえに、 養育に精いっぱいな親には相談しにくく、悩みを抱えたまま孤立しやすい傾向があるそうです。 私の弟…

続きを読むread more

冷蔵庫考

人は人生で何回、冷蔵庫を買い換えるでしょう。 AIの異名をとる部長が急にお休みしたので何事かと思ったら、 「冷蔵庫が壊れた」とのこと。 そんな上司がカワイくてギャップ萌えしそう。 しかし、壊れたからと言ってもすぐに入手できないという冷蔵庫・・・ 在庫や配送など、日数がかかるそうです。…

続きを読むread more

明日を生きるために

生きている意味とは何なのだろう。 その答えに迷うときはありませんか。 人生の意味とは、 不完全な自分を使ってどう生きていくか、 自分自身が問われたものとして体験することである。 ……フランクルと何かが混ざってる? 容姿にも才能にも恵まれた人が亡くなり、 美しくもなく特別な才能も何もない私は、 この人生になんの…

続きを読むread more

ダイジョウブ

若い頃は国語の先生かカウンセラーになりたかった。 図書館司書として働き始めた。 そして出向や人事異動で窓口や研修に変わり、 イベント、広報、秘書と転々。 それでも人文科学路線だと思ってたのに、 今年はなぜか情報技術の最先端。 デジタルトランスフォーメーションてなんだ? まさにDXな人生。 答えのない物語に、これで…

続きを読むread more

カウンセラーとの出会い

土曜日に月1回、心のドアを開けに行く、 7年以上お世話になったカウンセラーがとうとう引退するとのこと、 新しいセラピストを紹介されました。 カウンセリングも長くなると、もはや何しに行ってるかわからない? 私はどこが壊れていて、どこを直したらいいのでしょう。 激しく不眠、時々の深酒と過食。いささか躁鬱。 頼…

続きを読むread more

休日、自由、アメリカンドック

梅雨の晴れ間に散歩に出てみたら、都会の公園にも美しい景色がありました。 コーヒー片手に一人でぼやっと座っているのが、心休まるひとときです。 アメリカンドックはセブンが一番と部下が力説するので、 敬意を込めて食してみました。懐かしい食べ物だなあ。 青空の下咲く花の中にいて、よしなし事を思い出す。 何があれば自由になれ…

続きを読むread more

4 on 4

部長級がふたり(AIとヤンキー)、次長(パワハラ)、アドバイザー(大作)。 ()内は本人たちに内緒のニックネームです。 これだけでもう笑える、なんだか愉快な我が部でしょ。 そして、部内には4つの課と4人の課長。 筆頭課長は普通すぎて(空気)、 課長その2はいつも叱られ叩かれ(たーくん)、 課長…

続きを読むread more