テーマ:離婚

離婚10周年

そういえば、すっかり忘れてました・・・ 2021年10月5日は、離婚記念日でした。 しかも記念すべき10周年です。 ちなみに、今月の我が家の出来事。 母(47)働きながらも大学4年生に進級しました!会社に内緒でいたけれど、最近はあちこちでカミングアウト。 息子(20)現場監督として初竣工を迎える。カノジョもできて絶…

続きを読むread more

ひとりでできるもん

いうなれば、転落恐怖症? タワーやヘリコプターは平気なので高所恐怖症ではないのですが、 アスレチックとか脚立なんかは苦手です。 なのに・・・ リビング天井の照明が切れました 数日間ダイニングの薄明りで我慢して暮らし、 やっと勇気を振り絞り電球を交換。 机の上に椅子を重ねてエイヤ…

続きを読むread more

離婚記念日、9年目(1か月遅れ)

誰かに呼ばれたような気がして目が覚めたら、びっくりするほど綺麗な朝焼け。 そして、金木犀の甘い香り。 夢の続きみたいに美しい朝。 2020年10月5日。幸せな気持ちで目覚めたこの日は、 とうとう離婚9年記念日でした。 9年前は、今思い出しても、いつも暗い夜の中にいたような気がする。 2011年という年は東日本大震…

続きを読むread more

カウンセラーとの出会い

土曜日に月1回、心のドアを開けに行く、 7年以上お世話になったカウンセラーがとうとう引退するとのこと、 新しいセラピストを紹介されました。 カウンセリングも長くなると、もはや何しに行ってるかわからない? 私はどこが壊れていて、どこを直したらいいのでしょう。 激しく不眠、時々の深酒と過食。いささか躁鬱。 頼…

続きを読むread more

愛妻家の自慢

今年から私の直属の上司となったヤンキー部長は、自他ともに認める愛妻家だそうです。 その真否や是非はともかくとしても・・・ バツイチでシングルマザーの部下に対して堂々とノロケる上司ってのは、 けっこう無神経な人間ではないでしょうか。 しかし、そこはエムっ気たっぷりの自虐的性格のワタシ、 つい…

続きを読むread more

結婚っていいもの?

思春期バリバリ反抗期だった娘(高1)ですが・・・ ステイホームな日々のおかげで、母娘の会話が増えました。 最近の話題は「将来の夢」。 なんと娘は「ウェディングプランナー」になりたいんだって。 母が驚いたのは、結婚に失敗したこの母の苦労を間近に見ていて、まだ結婚をよきものだと思えることでしょうか。 しかしまあ、それは…

続きを読むread more

別れた夫に会った

ここは腹を立てるべき場面なのか? あるいは、私はすでに恨んで憎んで腹を立てているのか? 偶然、本当に偶然、離婚した元夫に会いました。 9年前ちょうどあの大震災のころ、 職を失ったことをきっかけに、昼から酒を飲み借金と女を作り、 最後は家族を捨てて逃げていった元夫。 当時娘は小学校に入学したばかり、今年就職した息子は小…

続きを読むread more

大変なことってなんですか

最近やたらめったら言われること。 「大変(そう)ですね」 このセリフを他人に言う時って、どういう心境なんでしょうね? 言われた方は、思ったより嬉しくなかったりして。 「みやさんの大変さに比べれば私なんて」とか言われるのは、もはや最低です。{%アッカンベーw…

続きを読むread more

あれから8年

10月5日は離婚記念日。 自分の人生すべてに絶望したあの日から、とうとう8年経ちました。 今ここで生きている意味を思って目覚める朝。 一度は愛し合い、この人生を預けると決め、そして子までなした相手に、 心身ともに傷つけられ存在を否定され、最後は借金だけ残して捨てられてから8年。 8年間ずっと、自分以外の人がみん…

続きを読むread more

哀しさと後悔とやるせなさと

どこか遠くに行きたい。 人事異動のゴタゴタを受けて、仕事のモチベーションだだ下がり中。 折良く社長も出張で長期不在中なので、今週は不貞腐れて過ごすことを、自分に許すこととしました。 篠原涼子の歌にするには字足らずですが、 哀しさと後悔とやるせなさと、です。 しかし、あまり愚痴ばかり言っても仕方がない。 会社に…

続きを読むread more

男はいらない?

ニトリの組み立て式本棚、7,399円。 娘の部屋にと、ネットで購入。 ネットで見ると、組み立て目安は「2人以上で60分」。 大工の娘の血が騒ぐ? いやいや、私は親に似ず不器用で・・・ しかも、180センチ以上もある本棚を独りで組み立てられるだろうか? ニトリには、たった2,00…

続きを読むread more

止まっていた時計

止まっていた時間を動かすために。 3年前に3人家族になってから、 いつも狭いダイニングでひしめき合って生きてきた。 宿題に醤油を飛ばし、連絡帳にご飯粒をつけ、 それでも自分の部屋は使わぬ子どもたち。 子ども部屋の時計はずっと止まったまま。 子ども部屋は元夫が物置にしてしまっていた。 連れて行ってくれなかったキャ…

続きを読むread more

元夫のその後

契約しっぱなしで郵便物だけが届く生命保険会社から、 1年ぶりにセールスレディがやってきた。 しかもなんの前触れもなく。 このセールスさんは元夫の同級生の母親の友達です。 ・・・かなりの割合で無関係に近いですが、(笑) まさか元夫の関係で何かあったか? 突然の来客はたいていが凶報と決まっている。 変な話ですが・・…

続きを読むread more

シングルマザーの孤独と憂鬱

芋屋敷の我が家には、相変わらず中学生の芋蔵たちがやってくる。 めんどくさい日は大学芋。 鍋いっぱい作ったはずが、 写真撮影の前に半量になった(笑)。 娘の友達には、女子専用チョコチップマフィン。 バター高騰&品薄で悲しい。 そんなわけで、我が家の子どもらは、 母子家庭という厳しくも寂しい状況を、すっかり忘れ…

続きを読むread more

シングルマザーの勇気と情熱

朝焼けの美しい空です。 今年もまた、冬が始まる。 冷たくも澄んだ冬の朝の空気が好きです。 クリスマスに年末年始。 慌ただしくもにぎやかで、 母子家庭の我が家にはちょっと切ない季節です。 シーラ・エリソン「シングルマザーの勇気と情熱」。 周りにシンママ仲間がいないので、 こんな本を借りちゃった。 「離婚してひ…

続きを読むread more

もう誰も愛さない

会社の後輩が結婚するそうです。 発表に拍手し、 御約束の質問責め・・・ 先頭切って盛り上げつつ、 結構まじめに祝福している自分に驚く。 ・・・結婚なんかするんじゃなかった。 もう結婚なんかしない。 自分のことは頑ななまでにそう思ってるのに、 やっぱりどこかで、「結婚=幸せ」と思ってるんですね。 …

続きを読むread more

あれから3年

今更ですが、10日も前の皆既月食。 3年ぶりとテレビが言ってたのはすっかり忘れてましたが、 残業続きの帰り道に偶然遭遇。 3年前は見なかったと思う。 離婚直後でそれどころじゃなかったからね。 10月5日は離婚記念日、 あれから3年たちました。 この3年間。 照る日も降る日も関係なく、 仕事は…

続きを読むread more

幸せだなんて言わないで

これはいい傾向なのか悪化なのか、自分でもよくわからないんだけど。 最近は泣き言や愚痴を言うのも疲れる気がする。 どんなに不幸でも同情されない小憎らしいワタシが、 「可哀想キャラ」になれないせいなのか。 あるいは、誰しも他人の愚痴なんか聞きたくないということか。 たまにうっかり弱音を吐くと、必ず言われるこの言葉。…

続きを読むread more

人生の曲がり角その2

人生の曲がり角フォーティーズ。 前回に引き続き、今度は女子会をしました。 (最近のみすぎ?) メンバーは私を入れて4名。 リストラされ借金つくった夫と別れて、 たったひとりで子ども二人を育てる私のほかは・・・ 社内結婚して出産、 生まれた子に障害があり仕事を辞めた子。 結婚…

続きを読むread more

フォーティーズの恋と人生

四十にして惑わず、なんて誰が言ったんだろう。 同じバツイチ子持ちの40歳女性が、 再婚&ご懐妊だと聞いてビックリ。 40過ぎてもまだまだいけるんだねえ。 私もいっちょ、できちゃった結婚ねらうか? そんなお馬鹿なギャグもすべりがちな、 40回目のバレンタインデー。 …

続きを読むread more

我が半生記?

こんなふうに生きられたらいいなあ…「リアル・シンデレラ」姫野カオルコ 喪失を昇華させる「遥かなる水の音」村山由佳 強くあれば自由「この女」森絵都 人の心の醜さと美しさと「サファイア」湊かなえ 失敗しても希望は失わずに「コーヒーもう一杯」平安寿子 歳をとるって難しい「今夜は心だけ抱いて」唯川恵 不倫?略奪?純愛?「喋々喃々」小…

続きを読むread more

母子家庭もいろいろ

音楽会で久しぶりに会った、息子の友達のお母さん。 息子とは野球チームで一緒。 パパコーチも一緒だった。 「野球チーム、どう?  まだ父子とも頑張ってる?」 と訊いたら、 「野球もやめたし離婚した」 だって。 以前、DVチームがみんな離婚した話を書きましたが・・・ ま…

続きを読むread more

2周年

10月5日は、ボスの誕生日・・・ じゃなくて、私の離婚記念日です。 毎日がツラい苦しい、 人生が哀しい寂しいと言い続けて、 2年が経ってしまいました。 成績も行儀も悪いけど元気な子どもが二人いて、 その子どもたちを養っていける仕事があって、 何不自由ない…とまではいかないけど、 まあまあ世間並の生…

続きを読むread more

娘よ

食欲も部活もお馬鹿っぷりも全開の息子にくらべ、 いまいち目立たない?娘。 地味に工作やお絵描きが大好きです。 なんか静かだなあ、と思うと、 家中あちこちに「作品」を残しています(笑) 例えば、コレ。 なぜにこんなに雪だるま? そして、しきりに母子関係を強調してますね(^。^;) 次は、粘土。 「か…

続きを読むread more

煩悩、後日談

先日の煩悩のタネ、お酒のお誘い。 結局いってきました。 ひとりめ。 同業他社の管理職、48歳。 週末の夜、1時間。 誘った割に遅れてきて、 料理のオーダーは人任せ。 おまけに話がなかなか弾まず。 話題をふるのに疲れちゃいました。 みやはこう見えて甘えん坊(笑)、 リードしてくれる男…

続きを読むread more

煩悩解脱

組織変更で人数が増えた、我がガーデニングチーム。 新メンバーには、元看護士さんのほかに、 なんとお坊さんがいました(笑) 家業が浄土宗だそうです。 そのお坊さんが、昨日唐突に言いました。 「みやさん、女性が一番魅力的なのは、30代後半です。 二十代の小娘は、ただのメス。 人としての深みはない。 人間の女性…

続きを読むread more

記憶の中に生きている人

♪記憶の中で きっとふたりは 生きてゆける♪ 古い流行歌ですが、 若いころの恋愛を思い出すと、 必ず耳に浮かぶフレーズ。 結果として実らなかった恋も、 記憶の中には、今も美しい思い出として生きているから。 ・・・そんなことを思ってたら、 唐突に息子がこう言った。 「今日、まちでとうちゃんを見かけた」 …

続きを読むread more

かわいそうな私?

バツイチって、隠すべきことなんでしょうか? 結婚も離婚も、あえて隠さず公表することを選んだワタシ。 ・・・だって、後悔はしてるけど(離婚ではなく結婚そのものに)、 悪いことをしたわけじゃないから。 我が人生に、恥ずるところなし。 しかし、最近。 やたら同情されるんです。 「大変だ…

続きを読むread more

切除  ・・・離婚記念日1周年

夏の間咲き続け、枯れ果てたサルビア。 枯れた葉や花を取り除き、サッパリ刈り上げてあげたら、 再び花をつけてくれました。 ・・・人の心や記憶も、そんなふうにできたらいい。 枯れ果てた想いや、腐敗し始めた記憶。 そこだけ切って、捨てられたら。 もう一度でも花咲かそうと、思えるでしょうか。 …

続きを読むread more

逃げるところなんてない

オウム真理教の指名手配犯が捕まりましたね。 17年間の逃亡生活… …現状もはや逃げる気力すらないワタシには、 想像もつきませんが。 「逃げたところで、楽園なんかない」 全く別の話の中で、 マイボスがそんなことを言ったので、 今日はそのお話。 ********** …

続きを読むread more