テーマ:つぶやき

小さな花のように

冬の終わりに蒔いた種が芽を出し、小さなつぼみをつけた日。 自分の段取りの悪さから残業して帰る夜9時、 会社の廊下でかつての部下に呼び止められました。 かつでの部署の今の悩みを聞く中で、最後に言われたこと。 「それでもみやさんの顔を見ると、やったるでー!って気持ちになるんですよ」 やる気がわくとか元気が出るとかで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

片隅に明かりを灯す

仕事に向かう朝に、疲れて帰る夜に、声をかけてくれる守衛さんがいます。 「広報はいつも休日出勤で大変ですね」 「副参事は笑顔がいいです」 「課長ご昇任おめでとうございます」 何千人もいる社員の中の一人でしかない私ですが、ちゃんと見ていてくれる人がいるんですね。 それももう、何年にもわたって。(広報だったのはもう4年も前の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心変わりしない花

雨の似合うこの花を見ると、いろいろなことを思い出す。 広報課のころ、ガクアジサイを「5分咲きだから満開になったら撮影する」と言った可愛い後輩がいたこと。 ガーデニングのころ、5月のオープンガーデンで「この花が咲くころにまた来て」と言われた約束。 そして高校時代の美術部、なぜかこの花を好んで描いた青春の心持ち。 過去を振り…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

手作りマスク

手作りマスクが全盛ですね。 私はお裁縫が死ぬほど苦手なので、どんなに高くても買うしかありませんが、 娘の高校が家庭科の宿題までマスク作りなのにはたまげました。 そしたら、お裁縫が得意な実家の母が、マスクを作って送ってくれました。 欲を言うならば、顔の大きな私にとって、膨張色のピンクはやめてほしか…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

振り込まれました

世間をにぎわす「特別定額給付金」。 アベノマスクが届いた数日後に、振込通知も届きました。 5月2日:マイナンバーカードでオンライン申請 5月8日:申請データ受領のメール着信 5月21日:申請書が郵送で届く(オンライン申請をした人にも重複だが届くらしい) 6月5日:振込通知書が郵送で届く 申請からほぼ1カ月。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

上司の条件

隣の課の女子は、毒舌で人にアダナを付けるのがうまい。 怜悧にして正確無比、めったに感情的にならず口調も平坦な部長は「AI」。 部長の正反対に感情豊かですぐ大声を出す次長は「パワハラ」。(これは割とまんまだな) 外見も性格もヤンキー風な部長その2は「チンピラ」。 某宗教団体の役員を務める情報アドバイザーは「大作」。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おじさんたちの爪

爪って、いつ、どこで、どれくらいの頻度で切りますか? 最近の私の素朴な疑問。 どうしてオジサンたちは、職場で爪を切るのだろう? 私の会社のある一定の年齢以上の男性たちの中には、 職場で爪を切る人たちが、かなりの割合でいる。 そんなのはうちの会社だけ? 私は別に職場で爪を切ろうが…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コーヒーが好き

異動した後輩(というか年上の部下)から、送別会のお返しに、こんなものをいただきました。 スタバのドリンクチケット。 スマホで送れてスマホで使える。 こんな便利なものがあるなんて知らなかった。 でも、残念ながら周囲のスタバは全部閉店中・・・ 長いことお預けくらってます。 コーヒー大好きな私は、スタバにこだわらず、い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4G時代到来

時代は5Gですが、わが社は時代遅れの4G? ちなみにこのGは「爺(じい)」・・・ 部長次長級の幹部職員が4人いる体制を指してます。 若者の上司批判って、痛烈だけど面白いわ。 4月から課長職をいただいたとはいえ、去年まで同僚だったおかげで、 女子たちのランチに混ざって、一緒に上司への悪口意見を言いあってます。 はい、わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の楽しみ

年寄りみたいと言うなかれ。 日向ぼっこが好きです。 去年の冬は子宮全摘後の休職中にフラフラと散歩していましたが、 元気になった今はめったにない完全オフの休日に、文庫本を持って近所の公園に行く。 コンビニコーヒーとお陽さまの光があれば幸せです。 この公園には大きくて浅い噴水があって、冬でも子どもたちが水遊びをしている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オフィスワーカーの息抜きタイム

仕事が始まって1週間。 毎日出勤するオフィスワーカーの楽しみといえば、それはランチタイム。 兼務で二つのオフィスを行き来する私の唯一の特権は、 本社と出先とでランチの幅が広がったことでしょう。 ある日は、ニューオープンの魚バルにて。 バラちらし1000円。 ある日は、志村けん似のマスターがいる昭和な喫茶店にて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の朝

冬が好きだ。 身が縮むほど寒い朝がいい。 百合の球根は、温室に植える前に冷蔵庫に入れるという。 春に芽吹くためにも、凍える朝に出ていこう。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

誤差20歳以上

大学生だと思ってた! 最近知り合った人から言われました。 真面目に驚いてくれましたが、私だって驚いた。 何しろ現在45歳(認めたくないがあと少しで46歳)、 どうやったら大学生に見えるのか? そんなに馬鹿っぽいか私?? あるいはこれは見え透いたお世辞なのか??? ちなみに間違えられたのはお酒の席にて。 お酒の飲み…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大変なことってなんですか

最近やたらめったら言われること。 「大変(そう)ですね」 このセリフを他人に言う時って、どういう心境なんでしょうね? 言われた方は、思ったより嬉しくなかったりして。 「みやさんの大変さに比べれば私なんて」とか言われるのは、もはや最低です。{%アッカンベーw…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

名探偵あらわる

トイレで本を読んではいけません。 職場に隣の課の女性がやってきて、こう言った。 「みやさん、トイレに本を忘れていませんか」 ・・・確かに私の本でした。 ・・・後になってからふと思う。 なんで私の忘れ物だとわかったのだろう。 ①いかにもこういう本を…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

意味への意志

言葉にすると、まるで変態みたいですけど。 「不幸な人生」とか「苦悩する自分」とかが嫌いではない・・・ むしろ好きですらあることに、最近気が付いてしまいました。 辛い時ほど生きてる実感がしませんか。 しばらく読書から遠ざかってましたが、最近また少しだけ再開。 心理学の中でも、特にユングと河合隼雄に傾倒していた大学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

both of my bosses

できれば透明な存在になって、 だれにも迷惑をかけずに生きていたい。 そんな考え方は非現実的なうえに、逃避的なのかもしれませんけれど。 それでも益体もなく感傷的になる晩秋の風寒きこの頃。 秘書室とITセクション兼務の私には、上司としてふたりの課長がいるのですが・・・ そして私は時々「どっちも頼りにならない!」と毒づい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私の取扱説明書

いつまでたっても自分というものがわからない、全く恥ずかしいばかりの厨二病なワタシ・・・ こんな診断サイトで遊んでみました。 私の取扱説明書・・・ ・メンタル弱めです ・本質を見抜きます ・情にもろいです 気遣いや忖度が得意・・・社長秘書&中間管理職としてはいいんだか悪いんだか。 部下に批判(非難?)されそう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

疾風怒濤の9月を終えて

お気に入りの喫茶店で一服。 シアトル系でも全国チェーンのカフェでもない喫茶店は、今日びなかなか貴重ですね。 しかもココ、コーヒー豆問屋で本格的なコーヒーを淹れてくれるにも関わらず、1杯100円。ありがたや。 怒濤の決算、波乱の9月が終わりました。 下旬は昼ご飯を食べる間もないくらい忙しかった・・・さすがに疲れまし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

飛行機の墜落

ふだん一切夢を見ないの私なのですが・・・ 数日前、えらく鮮明な夢を見ました。 公園で飛行機を見上げていたら、目の前の民家に墜落して爆発炎上する夢。 爆風に吹かれた感覚と、爆発の光輝く美しさが、目が覚めたあともリアルに残っていました。 普通に考えれば悲惨な状況ですが、なぜか嫌な気持ちのしない夢。 夢占い的にはこれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恋愛免許証

もはや免許停止レベル? 前回の「性格免許証」に続き、「恋愛免許証」も試してみました。 以下、診断結果…… みやさんの恋愛を端的に表すと「人を恐れない性格も恋愛は苦境に」です。 ◆みやさんは、どちらかと言えば、ドキドキや刺激などよりも、暖かさや安心感を求めているようです。保守的な性格なのかもしれませんし、少し恋愛や人生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

世知辛い社会に合わない優しい人?

性格免許証なんてものがあるんだって。 確かに好きなものと嫌いなものは当たってるけど…… 世知辛い社会に合わない優しい人? なのか?私。 認定された特性が「悲観的」「お人好し」「プライド無」っていうのも相当だな。 私の友人は「ひたすら明るくぶっとんだ脳内」だったそう。 これは当たってる気もす…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

待つのが仕事

シンガポール旅行を楽しんだ後は、また仕事に追われる毎日。 9月は決算期を迎えて、忙しさもピークです。 いや、私自身は大して忙しくはないのですが、そこは悲しい中間管理職、 部下の仕事をチェックして、それを上司に承認してもらわねばならない。 部下の仕事の終わりを待ち、上司の機嫌のよい時を待ち・・・ 待ってばかりの残業天…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イケメンレストランで、ゴージャスランチ

昼から鴨! 仕事のない土曜日、 なかなか予約のとれない世田谷のフレンチレストランで、 フルコースランチをいただいてきました。 アミューズは、トウモロコシのシフォンケーキと穴子のタルト。 お菓子みたいでかわいいけど、スイーツではありません。 前菜の盛り合わせは、すっごいボリューム! 左上から、野菜のピクルス、サー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旅立ちの朝、船出のとき

今年2度目の旅立ちの朝は、桜吹雪ではなく真夏の日差し。 8月1日、木曜日。 いよいよ異動の日を迎えました。 秘書室兼務の私を含めると、ITセクション内につくられた新チームに向かうは7人。 社内でデジタルトランスフォーメーションを推進するのがミッションです。 デジタルトランスフォーメーション、略してDX。 おかげさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二人の課長

さて、季節外れの内示から前例のない兼務まで、 異例ずくめの人事異動・・・ しかし、兼務になっても「課長待遇の課長ではない人」というポジションは変わりません。 ということは、二つの職務を持つ私には、 二人の課長が上司としているわけですが・・・ ・・・二人とも、なんか頼りないんです。 前例のない兼務、どち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乗り越えてやりましょう

これでぬぐうは、汗か涙か。 今も一番尊敬する、かつての上司からプレゼントいただきました。 添えられたメッセージは・・・ 「うんざりだが、乗り越えてやろうじゃありませんか。」 言葉にウルサイ元広報は、ふと思う。 こういう時でも、この人は「やり過ごす」じゃなくて「乗り越える」って言うんだな。 季節外れの人…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いい加減な男

真意が読めない言葉って、よくありませんか? 「俺ってほんといい加減な男なんですよ」 これを面と向かって言われたら、その意味するところはなんでしょう。 → 遊びの関係でつきあおう?? ・・・まさかね。 そんなことを言い出したのは我が上司、直属の課長です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

受け取り手のない愛を抱えて

この胸いっぱいの愛を、だれに、何に注ごう。 仕事にも結婚にも育児にも失敗して、空っぽな私。 唐突に昔のラブソングを思い出す。 あの夏服のころを寒い日には思い出して 優しいことは間違ってないと何度でも気がつくよ 私の思い出すべき「夏服のころ」とはいつだろう。 こんな時に支えてくれる幸せな記憶を探して、昔の写真を広げてみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

折りたたみ傘のように

雨が降り続くこんな日には、昔の写真を見つめてみる。 ちょうど10年前、社員研修の仕事をしていた頃。 尊敬できる上司に恵まれ、仕事も育児も楽しかったあの頃は、随分遠くなりました。 いろんなことがあって、心まで雨漏りする休日。 副長として仕事がないと嘆いていた秘書室を、 いよいよ解職されることになりました。 勝手に中途半…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more