テーマ:

ご無沙汰いたしました

大好きな桜を見て幸せだった3月末・・・ 娘と夕方や夜の桜を楽しんでいた1か月前は、まだ平和でした。 近くの公園もライトアップが中止されましたが、これはこれで静かで妖しい風情ある桜ですね。 4月の人事異動から怒涛の日々を過ごしました。疲れた。 チロルチョコ食べながら乗り切る! 新発売の「#おかしつなぎ」シリー…

続きを読むread more

人事異動

今年もまた桜の季節。 桜舞い散る朝に辞令をもらう。 今年もまた一年のスタートです。 今年の人事異動・・・ 「ド文系」「目立つ部署の長なのに悪い意味で無難」と上司にののしられた一年の末、 それでもなぜか今の地位にステイ。 それどころか今年は筆頭課に格上げだって💦 私のドSな上司たちは、AI部長とパワハラ次長が…

続きを読むread more

春を感じた日

青い空の高き梢に、桜ひとひら咲いているのを見つけました。 待ち焦がれた春が来たんですね。 最近ますます殺伐としているわが職場にも、心温まる春のたより。 「ハーバー」で春を感じてくださいね。 とのメッセージとともに、昔いっしょに仕事をした、今や遠き部署の同僚から送られてきました。 しばしご無沙汰していたのに忘…

続きを読むread more

春近し

千葉の初雪、1月29日にちょっとだけ降りました。 都内の方がたくさん降ったようで、可哀そうな息子は現場で雪かき。 そして、「母さんも体調には気をつけてね」なんて優しい言葉が届きました。 大飯ぐらいだバカだと言ってた息子にこんなメッセージをもらうとは、感無量。 寒い冬の日々、いつのまにか肩をすぼめうつむいて歩くようにな…

続きを読むread more

コロナ禍の中で

新年度が始まって、最初の週末。 空蒼く風うららかに、桜吹雪舞う美しい休日。 しかし、コロナウィルス騒動で外出自粛。 桜の名所でもあるお気に入りの公園は、人影もまばらでした。 せっかくなので、ひとりお花見。 花びら舞い落ちる中での珈琲は贅沢。 子どもらが巣立って、今は一人の時間が一番幸せです。 新年度はま…

続きを読むread more

お花見2020

願わくば花の下にて春死なむ その如月の望月のころ 大好きな桜の季節が今年もやってきました。 3月22日でこの咲き具合・・・今年はやはり開花がはやいですね。 ありふれた都会の街並みも、桜でほんのり桃色化粧。 コロナのせいか酔客もおらず、静かに花見が楽しめそうです。 三連休は、高校時代からの旧友に会いに、横浜…

続きを読むread more

いつまでたっても半人前

桜も美しい4月1日、秘書室に着任しました。 あまりにもガサツで秘書向きなキャラクターではないせいでしょうか、 広報で自由にノビノビ働いていたせいでしょうか。 この1週間、いろんな人に心配されてます・・・ 社長「スーツを着て働いたことはありますか?」 副社長「スカート持っていたのね」 同期「アナタが化粧…

続きを読むread more

新しい職場へ

いい歳をして何を言ってんだと自分でも思いますが・・・ それでもやっぱり。 志はいつも高く、 仕事には夢をもっていたい。 桜の開花宣言が出た昨日、人事異動の内示をいただきました。 新たな職場は、なんと秘書室です。 ・・・秘書室? 社長と2人の副社長、あまたの部長と派閥争い、 …

続きを読むread more

先が見えない

毎年書きますが、今年もまた。 桜が好きです。 年度がわりで忙しいけど、この時期は毎日変わる桜の写真を撮りに外に出ていた。 今年はどうなるんだろう。 まだ広報にいるかな。 うっかり受けた昇任試験の結果はいかに。 4月から新設される特命ポストの候補者に、 私の名前もあがっているとかいないとか・・・ あ…

続きを読むread more

春待つ気持ち

取材に出た部下から送られてきた、春の兆し。 カワヅザクラの最初の一輪。 しかし、一転して翌日・・・ 雪!? どうやら春はまだ来ないみたい。 4月の人事異動の不安なウワサをきいて、気分もまだ冬なワタシです。 春はまだ、不安な気持ちに息をひそめている。 これからどうなっちゃうのかなあ。

続きを読むread more

桃源郷にて

青空から零れ落ちる、桃色の花吹雪。 枝垂桜を見に、秩父まで行ってきました。 枝垂桜の名所、埼玉県秩父市荒川地区の清雲寺です。 毎年4月上旬が見頃ですが、今年は1週間くらい早かったようで、4月8日現在、一番の大木エドヒガンはすでに葉桜。 秩父紅という遅咲きの方がちょうど盛りでした。 秩父紅という名のとおり、あざやかな…

続きを読むread more

零れ桜に花吹雪

青空に咲き、舞うように散り落ちる。 零れ桜に花吹雪。 こんなにも美しく咲くのに、見ているとなぜか哀しくなるのは、その散り方のせいでしょうか。 命の儚さ、それでも再び咲く時の流れ。 夢、希望、若さ、幸福…散る桜花は、何かそんなものに似ている気がします。 かつて確かに掌の中にあったはずがいつのまにか零れ落ちてしま…

続きを読むread more

零れ桜に花の雨(花も嵐も踏み越えて)

去年もおととしも書きましたが… 桜が大好き。 願わくば、花の下にて春死なむ その如月の望月のころ …なのに、今年は自分史上最悪の忙しさ、 どうやらお花見はできそうにない。 しかも、東京は満開の桜を狙うかのように、昨日から天気が大荒れ。 会社のそばでは、なんと看板が落ちるほどの強風でした。 「花散らし」なんて雅びな話…

続きを読むread more

春よ

冬の中に潜む小さな春を発見。 寒さの中でひっそりと時を待つ愛しきものよ。 時計が壊れていても、時間は流れゆくものなんですね。 河津から連れて帰った桜が、 遠く異郷の千葉で咲こうとしています。 花咲く春を夢に見る、冬の寒さもあと少し。

続きを読むread more

お花見で満腹散歩

花散らしの雨が上がった週末。 忙しさのあまり桜をまだ見ていないことに気がつきました。 桜の名所に旅する余裕はないけれど。 どこに咲いても花は花。 近所の桜並木に出かけてきました。 川べりに2キロほど、桜のアーチが続きます。意気揚々と歩く子どもたち・・・ 短いときを咲き乱れ、涙のごとくはらはらと散る桜には目もくれず…

続きを読むread more

解散旅行の恥はかきすて?

・・・というわけで、美しい桜の後にお目汚し? 慰安旅行の顛末です。 誰が決めたか、月3000円が「旅行会費」として天引きされるわが社。 なんだか知らないうちに、理由もなく会社の人と、 河津へ一泊旅行に出る羽目になりました。 東京駅のグランスタで美味しいものをしこたま買い込み、 10時発の「踊り子号」…

続きを読むread more

河津桜

3月8日(土)から、河津へ一泊旅行に出かけてきました。 職場の慰安旅行なので、珍道中の旅行記もあるのですが、 まずは美しい桜をおすそ分けします。 河津桜。 伊豆の温暖な気候のせいだけでなく、早く咲き始めて長く咲く桜。 2月上旬から咲き始め、3月上旬に満開を迎えます。 今年の「河津桜まつり」は3月10日まで。 終わり…

続きを読むread more

桜ざんまい

昨日はお目汚しでしたので、 今日は美しい写真を。 今日、関東は花散らしの嵐になるようですね。 桜もこれで見納めになるでしょうか? 先週の土日、 娘とふたりでお花見をしました。 まずは地元から。 川沿いに2キロほど、桜のトンネルが続きます。 おまけに、屋台や出店も並びます・・・{%トホホwebr…

続きを読むread more

願わくば、花の下にて・・・

願わくば、花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ あまりにも有名な歌ですが。 桜を見ると必ず思い浮かべます。 日中娘と散歩していて、あまりに桜が見ごろだったので、 夕方もう一度出なおし。 息子と夫も連れ出し、2キロほど歩いて、近くの桜並木まで行きました。 {%春w…

続きを読むread more