那智山パワースポットめぐり(ちょっと食い倒れ気味)

画像
明けて、旅行二日目。鳥羽は静かな朝を迎えました。
画像
昨日は食べ過ぎ&はしゃぎ過ぎ? 少しけだるい朝・・・
家にいると早起きな息子は旅先だと起きられず、家では朝寝坊な娘が旅先だと早起き。
兄妹なのに、不思議なものですね。

そんなわけで、娘と鳥羽さんぽ。
画像
駅からすぐの海ぞいには、「カモメの散歩道」なんて素敵な名前がついていました。

散歩を終えて、時刻は7時30分。
駅前だけど、お土産屋さんも喫茶店も開いてない・・・

唯一開いているのはエキナカのファミマ。
画像
またファミチキ食べてるし。

それでもさすがに観光地、ファミマにもちゃんとお土産が売っていました
昨日から娘がすっかりハマっている「伊勢うどん」と「赤福」を即お買い上げ。
画像
あ、買ったそばからもう食べてる。
朝8時前から赤福三昧・・・
画像画像
豚に真珠とは言いますが、我が家の子ブタちゃんも真珠より餅みたいです。

さあ、腹ごしらえも済んだし出かけよう。
画像画像
松坂駅で特急に乗り換え、約3時間。紀伊勝浦へ向かいます。
その間、息子は珍しく読書・・・母はちょっぴりつまんない。
画像画像
娘はまたもや赤福食べてるし。

意外と遠かった紀伊勝浦。到着したらもうお昼でした。
画像画像
お昼ごはんに行きたいお店はもう決まっている。

紀州勝浦は生まぐろのまち・・・
ですが、まぐろは夜のお楽しみ。母はどうしても食べたいものがあるんです。
画像
熊野の郷土料理「めはり寿司」。

あったかいご飯を、高菜漬けでくるりとくるむ。
芯にも刻んだ高菜を入れて、味つけは醤油ダレのみ。

注文を受けてから一つずつ、でも手早く手作り。
これはまさに日本古来のファーストフード!

醤油ダレで照りっテリに輝くところをガブリ・・・
画像
一口かじればまた一口食べたくなる。
おにぎりやお寿司と違ってみっちり握っていないので、
ふんわりほろりのご飯がまたうまし。

握りこぶし大のが一人前4個もありますが、軽くて意外と食べれてしまう。

息子と娘は最初まぐろ丼なんか食べてましたけど・・・
画像画像
(まぐろ丼1000円、まぐろ山かけ丼1200円)
あっちゅー間に母のめはりを奪い去りました

そして、熊野へ向かうバスを待つ間もまだ足りないとわめくので・・・

めはり寿司をテイクアウトすればよかったと思いつつ、
駅前のお土産屋さんでこんなのを買い与える。
画像画像
紀州梅に鮪だんご。
鮪だんごは、魚のすり身揚げの中にツナ状のマグロが混ぜ込んでありました。

さあ、食べたんだから、今度は歩くよー。

今日はこの旅ふたつめのパワースポット、那智山へ向かいます。
画像
1時間に1本しかない路線バスに乗って、熊野古道は「大門坂」へ。

・・・息子も娘も、めはり寿司が足りなかったと怒り顔です。
画像画像
それでも聖俗の境目だという橋を渡り、樹齢800年もの「夫婦杉」の間を通って、
いにしえの人々の祈りの道へ、さあ出かけよう。
画像
この大門坂は、熊野古道の中でも最も美しいと言われる、杉木立と苔むした石畳が続く道。
高低差100メートル、全長640メートルの石段を登ります。

若い上に部活で鍛えた子どもたちはするすると登っていきますが、
仕事に疲れたアラフォー母は息が切れるし汗かくし、どうしたって遅れがち。

途中バス通りに面した場所があり、観光バスツアーの人々がわらわらと出てきました。
画像画像
彼らががちょっとだけ歩いて、涼しげに写真だけ撮っていくのを尻目にみつつ・・・

母は必死で子どもたちを追いかけました。

それにしても、やっぱり美しい山道です。
画像

画像画像

そして、登ることちょうど30分で「熊野那智大社」へ到着!
画像画像

画像
折悪しく雨が降ってきましたが、負けずにお参り。

ここがまたなかなか面白いところの多い神社で・・・

日本一のジャンボおみくじに挑戦。
画像画像
おみくじの長さは、那智の滝の133メートルにちなんで、133cmもあるんだって。

そして、平重盛が手植えしたという神木「那智の大楠」。
画像画像
根元が空洞になっていて、胎内くぐりができます。
画像画像
300円を修めて護摩木をいただき、願い事を書いたのを持ってくぐるのですが・・・
画像
娘、「上位に入れるますように」って、日本語がなんか変だぞ。

そして、隣接する那智山青岸渡寺へ。
画像
ここからは那智の滝が美しく見えるのですが・・・
画像
雨が強くなってきて、そろそろ限界。
画像
ご当地ソフトクリームで雨宿り。黒飴ソフトに梅ソフト。
また食べるんか!というなかれ。梅ソフトがさっぱりして美味しかったですよ。

それでも雨はやまず、三重塔に進んで再び雨宿り。
画像
2階が撮影スポット、4階が展望台ですが、雨よりも霧で滝が見えず・・・
画像画像
母ちゃん雨女だからな~と子どもたちはプンプン。
画像画像
しばし待って、やっと那智の滝をうっすらと見ることができました。

少し雨が小降りになってきたところで、滝の近くまで降りていきます。
画像
落差133メートル、一段の滝としては日本一を誇る那智大滝と、その滝をご神体とする飛瀧神社へ。
画像
日本三名瀑のひとつであり、那智山信仰の原点。
画像
「御滝拝所」に入ると水しぶきがかかるほど近くまで行けて、神々しいまでの滝の霊気を感じました。
画像
長寿延命のご神水をいただき・・・
画像
娘は、「勝守」もいただきました。
描かれている三本足のカラスは、熊野神の使い「ヤタガラス」。
サッカー日本代表のシンボルマークにもなっています。

さっきのお願い事といい、これで次の大会は砲丸投げ上位入賞?
・・・砲丸投げという女子らしからぬ種目が、ちょっぴり母は気がかりですが

親の心を知ってか知らずか、娘はお茶目になんちゃって滝修行・・・
画像
そんなこんなで、ひどく雨に降られたものの、那智山詣では無事終了しました。

さあ、夜はマグロまつりだ~

というわけで、またまた続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ヒロ
2017年08月17日 01:42
こみやちゃん朝から赤福餅食べてる。
伊勢うどんも買うほどハマった?
伊勢のオバチャンは!!(゜ロ゜ノ)ノ です(笑
黒飴ソフト?
那智黒の味なんかな??
翔おやじ
2017年08月17日 05:20
みなさまの 食欲に 唖然としとります ・・・
僕は 断面図に 食いつきました ・・・(笑)

みや
2017年08月17日 06:13
ヒロさん

赤福も伊勢うどんもめちゃめちゃハマりました!
ご明察のとおり、黒飴ソフトは那智黒味・・・まあ黒糖味なのかな。
暑い時には梅の方がおすすめです。
みや
2017年08月17日 06:14
翔おじさま

はい、旅行中は常に食い倒れるのであります。
そして、相変わらず本筋と関係ないコメントありがとうございます・・・

この記事へのトラックバック