おいしいお菓子

画像
この丸いもの、なんでしょう?

中身はこれです。
画像
京都の菓匠「然花抄院」の「然(ぜん)」かすてら。

丹波黒豆を食べ、京都で育った鶏の卵を使用。
黄身の味の濃い、紙焼きかすてらだそうです。
画像
このヘラは何だと問われれば、
たぶんヤワヤワ過ぎて普通のカステラみたいに切り分けられないからです。
画像
なんでも半熟な焼き加減なので、賞味期限は販売日含めてたった2日。
なので、ネット販売もなし。
画像
確かに、黄身がとろおーり、とろん。

手のひらほどの大きさで600円。
京都の本店支店のほかは、渋谷ヒカリエのみで販売。

大変おいしゅうございました。

昔はカステラも手作りしましたが、
最近はそんな気もなくなった・・・

あのパン作りやお菓子作りの熱意はどこへ行ったんだろう?


食べる方の意欲は残っているのにね。

そして来週には45歳の誕生日、誕生日ケーキも食べるぞー。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック