この美しくも残酷な世界に

自分の頭上に虹がかかる。
20190817-18_御嶽山_190822_0061_0 (2).jpg遠くの山が写っているのではなく、雲に映った私の影。
写真にはきれいに写りませんでしたが、実際には半円の虹が私の影を縁取るようにかかっていました。

これは、ブロッケン現象。
背後から差す日光が、雲や霧に影と虹を生じさせるのだそうです。

さて、御嶽山登山の続き。
DSC09407.JPG夕飯は、山小屋とは思えないオサレメニュー。
鶏肉のトマト煮に、デザートつき。ご飯はお代わり自由です。

夕飯を食べたらすぐに外へ。
DSC09415.JPG
午後6時過ぎ。サンセットの美しい時間。
DSC09439.JPGIMG_9395.JPGIMG_9411.JPGたくさんの人がいるのに、なぜかみんな無言になる。
圧倒的な自然の美しさ。

そして、日が沈むと美しい星空。
DSC09480.JPG三脚もレリーズも使わない、コンデジの手持ち撮影でもこれだけ写るほどの星空。
実際にはこの倍くらいの星が見えました。

そして、月の出。
DSC09487.JPGまるで日の出のように明るい月。
月明りだけで足元に自分の影ができる。
こんなに明るい月は初めて見ました。

月があんまり明るくて、天の川は見えなくなりました・・・
DSC09481.JPGそれでも、北斗七星がくっきり。

そして、朝焼け。
DSC09494.JPG
日の出は、三ノ池を見下ろす絶景ポイントを山小屋のスタッフに教わって、朝3時から移動。
DSC09502.JPG雲が多い朝でしたが、雲海がむしろ幻想的ですらある。
DSC09511.JPGIMG_9484.JPGDSC09532.JPGIMG_9489.JPG刻一刻と変わる空の色。
みるみるうちに、夜が明けていく。

振り返れば、朝陽を浴びて静かにたたずむ御嶽山。
IMG_9456.JPGその穏やかな表情は、5年前突然に噴火し、63名もの命をなぎ倒したとは思えぬ包容力。

なんて美しい景色。
これだけは、山に登らなくては見られません。
写真より現実の方が何十倍も美しいですよ。

山小屋に帰って朝ご飯。
DSC09541.JPGシンプルですが、お味噌汁は「すんき汁」という地元の伝統料理。
カブの葉を無塩発酵させた漬物「すんき」のおつゆで、独特の風味が病みつきになりそう。
朝はとりわけ寒くて、あったかいお味噌汁が染み渡ります。お代わりまでいただいちゃった。

ご飯を食べたら出かけよう。山は朝早い方が雲がなく美しい。
DSC09308.JPG昨日ガスってた二ノ池が晴れて美しく見えました。
DSC09311.JPG火山灰で半分埋まり、色も幾分変わったとのこと。
DSC09317.JPGそして、左側には噴火で新たな「2.5ノ池」が埋まれたそうです。

さあ、いよいよ頂上へ向かいます
DSC09400.JPG
噴石がごろごろする道を登る。
DSC09388.JPG火山灰と火山岩。
DSC09368.JPG山頂付近は、今もまだ噴火の爪痕が色濃く残る。
DSC09381.JPG
犠牲者63名の魂に、山の安全を祈る。
DSC09375.JPG壊れた灯篭に、解体途中の山小屋。
DSC09376.JPGそして、万が一の時のシェルター。
これでどれだけの効果があるのか?自然の力は偉大で、人間の存在は小さい。
それでも生きる努力をするのが人の力。

剣ケ峰頂上。
DSC09363.JPG開けた場所には御嶽神社奥社があります。
DSC09570.JPG今もたくさんの人が遠方から訪れる。
DSC09365.JPG
石碑などはまだ倒れたものも多い。

それでもなお、景色は美しい。
IMG_9505.JPG左からすっかり干上がっている一ノ池、二ノ池、昨日泊まった山小屋をはさんで、2・5ノ池。
IMG_9512.JPGあっという間に雲が沸いてきましたが、雲の上はやはり空が蒼く美しい。まさに紺碧。

これが今や干上がってしまった一の池。
DSC09552.JPG火山灰が白く美しいですが・・・
DSC09572.JPG火口方面を見ると、写真には写っていませんが、時折白い水蒸気が上がり、硫黄臭がたちこめる。

この山はまだ生きていて、人間の邪心を見つけたら即飲み込もうと、我々をうかがっているのかもしれません。

あちこちの立て看板にも、
「山頂では携帯電話の電源を切らず、できるだけ速やかに下山しましょう」
と書かれています。
まだあまり長居してはいけないんですね。

とりあえず一度山小屋に戻りました。

わざわざ戻ったお目当ては、これ。
IMG_9515.JPG京都の名店直伝という、タンタンメン。
標高の高い山でも美味しくゆでられるよう、麺は特注なんだって。
何気なく添えられているスイカだって、スタッフさんが担いで上がってきたもの。
有り難く美味しくいただきました。

楽しい時間をありがとうございました。
山小屋のみなさんにも御嶽山の自然にも感謝して、下山します。
IMG_9525.jpg

・・・しかし、山って上りはあんなにキツいのに、下りってあっという間よね。

11時に山小屋を出たら、12時45分には登山道起点の行場山荘に到着しました。
IMG_9543.JPG名物は「ちからもち」、限定販売が今日で最後という「黒蜜きなこ」をいただきました。
IMG_9542.JPG本来はこれから山に登る人に力を与えるお餅なのでしょうが、
もっちりなめらかな食感が大変おいしゅうございました。

そんなわけで、大自然の美しさと畏敬の念に触れた今年の登山は無事終了。
IMG_9458.JPG自然の偉大さに触れると、人の世の苦しみも悲しみもちっぽけに見える。
今こうして生きているこの世界の美しさと残酷さを、まるごと感じながらただ謙虚に生きていたい。

小さな小さな存在の私ですが、また明日から頑張って生きていきます。


長々お読みいただいたみなさま、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月31日 00:55
みやさんは山ガールなんですね。
とても本格的な。
知りませんでした。

自分は海の男です。
高所恐怖症ということもあって山はちと苦手。
逆に、子供頃は水泳部で泳ぎが得意だったこともあって、海は多少深いところでも怖くないです。
40歳ぐらいまでは、毎年複数回海に行って、素潜りで色鮮やかな魚と戯れてました。

「自然の力は偉大で、人間の存在は小さい」ということは誰も否定できませんね。
だからこそ古来自然は畏敬の対象になってきたのでしょう。
同時に、みやさんが活写された自然の美に触れると、美しさも畏敬の理由なのだと思わざるをえません。
みや
2019年08月31日 13:39
りうさん

いえいえ、なんちゃって山ガール、連れていってくれる先輩が、服装から用具からルートから山小屋予約から、すべてやってくれるのです。私はついて行くだけ。

でも、人はたいてい海派か山派に分かれますね。
恥ずかしながら私は泳げない上に水着姿をさらす勇気もなく、ポリシーはないもののいつも山や高原に行ってます。
海や魚もきれいでしょうから、泳ぎの達者なりうさんがうらやましいです。

自然への畏敬の念は、都市生活ではついつい忘れがちなのを反省します。自然への畏怖を感じると、人生や生命にも謙虚になれる気がします。
2019年09月01日 21:55
素晴らしい景色ですね これは自分の足で登った方しか見てはいけない景色という感じがします。登らずに写真だけ楽しむのは畏れ多いですね~。自然は美しい反面、怖くもありますね。ある日突然、多くの犠牲者を出してしまうんですものね。
山小屋のお食事オサレですね~。山小屋とは思えないお料理ですね。朝食のすんき漬けの乳酸菌はものすごく身体に良いそうですよ。私が食べている豆乳のヨーグルトはすんき漬けの乳酸菌で出来ています。
大自然の中、良い体験が出来ましたね。
みや
2019年09月04日 07:04
juechan

本当に景色は素晴らしくて、そのために山に登っている気がします。写真は腕もカメラもいまいちで残念ですが、雰囲気だけでもお伝えできてたら嬉しいです。
すんき漬け、塩を使わないで発酵させるんだそうですが、健康にいいものなんですね。とてもおいしかったです。豆乳ヨーグルトも美味しそうですね~