オンラインのつらみ

46歳の大学生、七難八苦・・・

通信制大学なので、物言わぬテキストを相手にひとり孤独に学習中。
楽しみにしていたスクーリングも、
このコロナ禍の下ほぼオンライン実施で、録画された講義をひたすらネットで視聴するのみ。
D23602EA-E348-4458-BD4C-A0D0C035F316.jpeg
そこでちょっとわかったこと・・・

・・・動画授業って、リアル授業より辛いですね。

リアル授業は心身ともに拘束されればこそ、その時間それだけに集中できる。

でも、録画配信だといつでも繰り返し見られる油断あり、
TeamsやZoomのリアルタイム配信でも、先生や周囲から見られない油断あり、
どうしても「その場限り」の一期一会な気構えができない・・・

正直、1時限めの9時から5時限の終わり17時40分までの1日Webスクーリングなんて、
黙ってひとり家に座っているだけなんだから苦痛でしかありません。
これが大学に行っての授業なら、周囲の人たちも同じく頑張っているのが見えたり、
休み時間にちょっと話をしてみたり、何か楽しい気がするのですが。

今の普通の大学生たちって、こんなこと毎日やってるのかしら?

もちろん、遠方からの受講生からしたら、通学に交通費や時間がかからないだけいいのだろうけど。
それにしたってちっとも双方向でなく受け身一方、学問的興奮がかきたてられない。
唯一のよいことは、試験も在宅なのでテキストやノート持ち込み可になったこと。

次のスクーリングは2月だけど、通学の授業は実施できるのかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年11月29日 23:06
通信制だとスクーリングへの期待はひとしおでしょうね。
たまたまコロナ禍とバッティングしてしまったのはまったくお気の毒なことです。

リモートにも何種類かありますね。
リアルタイムでの動画配信あり、録画配信あり、その他諸々。
通信制ではないスクーリング主体の教育課程では、リアルタイム以外は時間的拘束が緩いので、案外支持する学生は多いです。
新聞などでは、通常の授業形態と違うことに不満を抱いている学生の声ばかり報道されていますが、比率的には必ずしも多数派ではないようです。
学生の就学動機もいろいろですから、一律には語れないはずです。
総体を見ずして、部分を拡大しては実態を見誤り、やるべき対応も的外れになりかねない。
現場ではそんな感想を持っています。

しかし、まあこれはいわばマクロ的な視点での言であって、ミクロ的には?みやさんのお悩みは重々理解してますよ。
でないと、みやさんに嫌われちゃいますから。w
2020年11月30日 05:49
りうさん

うーん、リアルタイムか録画かは、確かに一長一短です。
リアルタイムの方は、先生次第な気がします。チャットを使ったりして受講生の声を聴く気がないなら、録画でいいじゃんってところでしょうか。
そして、テストもオンライン! 制限時間が短くて焦るのですが、子どもたちに邪魔すんなって言ったのに、途中で宅配便が来たりして、嫌になっちゃいますね。
2020年12月01日 18:28
〉宅急便

先日同業他社の人たちとZoomでビジネス・ミーティングをやったのですが、プレゼン中に猫が現れて肩に乗ったり、カメラ前を横切ったりしても、まったく動じないで淡々と続けてる人がいたので、すごく感心してしまいました。
なかなかできませんよね。
みや
2020年12月02日 19:30
りうさん

猫くらいならいいけど、娘が横切ったり、部屋が散らかってたりするのは非常に気にします笑
逆に、上司の家とか家族には興味津々…