桜ざんまい

昨日はお目汚しでしたので、
今日は美しい写真を。

画像

今日、関東は花散らしの嵐になるようですね。


桜もこれで見納めになるでしょうか?

先週の土日、
娘とふたりでお花見をしました。

まずは地元から。

画像

川沿いに2キロほど、桜のトンネルが続きます。

おまけに、屋台や出店も並びます・・・

お約束どおり、花より団子です(笑)

画像

まず、焼き鳥。・・・花より団子で何が悪い、という挑戦的表情です

画像

つぎは、かりんとうまんじゅう。 あげたてカリッと美味しかった♪

画像

変わったところで、あげチーズ。

画像
シメはチョコバナナ。
なぜかコアラのマーチがついてました


・・・あ、今日はキレイな写真を載せるはずだったのに、
またいつものように、食べ物の写真ばかりになってしもうた





気を取り直して、翌日。

よく晴れたいい天気なので、
ブログで見かけた桜の名所を目指し、
お弁当と水筒を持って電車に乗ります。



画像
市川市の、里見公園です。

画像
太田道灌が15世紀に仮陣を置いて以来、
国府台城が築かれ、国府台合戦の舞台となった地。

その後は陸軍病院があり、
戦後は国立国府台病院の精神科病棟があったそうです。

そんな波乱の歴史をもつ土地も、
今は写真のとおり、美しい西洋風庭園になっています。


ここをスタートに、
市川市の花のみどころマップを手に進みます。


次は、万葉集は真間の手児奈で有名な、
真間山弘法寺にて。

画像

樹齢400年という枝垂桜の名木、
里見八犬伝由来の「伏姫桜」です。


そのあとは、木内ギャラリー、芳澤ガーデンギャラリー、
と文化施設に寄り道しつつ・・・


ソメイヨシノではないけれど、桜つながり。

芝桜が見事な、郭沫若記念館へ。
画像

郭沫若は、中国人文学者で、かくまつじゃく。

・・・娘とふたり、かつまくじゃつ?まくかつじゃく?と、
早口言葉のように呟きながら見学しました(笑)


最後に、真間川沿いの桜を見ながら、
桜土手公園、別名「文学の散歩道」へ。

画像

偽モノの馬に乗って喜んでいる娘、
岡山の方で、似た光景を見たような・・・(笑)

文学の散歩道には、市川ゆかりの文人が紹介されていますが、
教養がないせいでしょうか、
永井荷風と北原白秋くらいしかわかりません・・・


・・・こんな調子の珍道中ですが、
半日歩いて、
たっぷり桜を堪能しました。


昨日のお口直しに、
皆様にも春のひとひらをおすそわけ。

画像

お花見をしそびれた方やまだの方に、
春の香りが届きますように・・・

"桜ざんまい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント