青春の土地に、叶わなかった夢を埋める


君がいなくたって
僕が全てもし忘れたって
二人をみつめてたこの街だけ
今も生きているよ



********

知り合いのお見舞いのため、
学生時代を過ごした土地に、
ちょっぴり遠出の電車旅。

久しぶりに降り立つ駅。


昔の歌みたいに、
坂道をのぼれば、
思い出がよみがえる。


15年以上もたつのに、
街並みは変わったようで変わっていません。



なんだか、ハタチの頃の自分に、
ひょっこり会えそうな気がします。



…最近こうして昔のことばかり思い出してしまうのは、
今が幸せだからなのか、
そうでないからか…



こんなウェットなつぶやきは、
これで最後にしますので…

最後にちょっとだけ、
おつきあいください。



********

2歳下の弟が重度の障害児だったため、
いつも留守番か親戚に預けられて育った幼少の頃。



将来の夢は、
父親と母親がいる「普通の家庭」でした。



…なのに気がつけば、
原因こそ異なれど、
自分と同じような境遇を、
子どもらに強いています。



障害者に対する誤解と偏見から、
壊れてしまった幼い恋もありました。


前夫にも、
弟の話はほとんどしなかった…



…私はやはり、
「普通の家庭」にこだわり過ぎたのかもしれません。


今、よその家庭や夫婦を見てやるせなくなるのも、
多分そのせい。



ハタチの頃に夢見た未来。

それとは全く異なる今だけど。



…これはこれで、いいのかな。

やっと最近、そう思えるようになりました。



先のことはわからないけど、
将来の展望なんか何もないけど。


ただ、今を生きている。



こんなワタシを支えてくれる、
家族や職場、
そしてこうして読んでくださる皆さまに感謝して…


今日も謙虚に、ただひたすらに。

もう、人生の意味など問わず。



穏やかに毎日を過ごしたいと思います。



tomorrow will bring another day,
today is a moment to live…



そんなわけで、
マイブログもプチリニューアル。


最近すっかりレスが遅くなっておりますが、
いただいたコメントはいつも嬉しく拝見していますので、
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

m(_ _)m

"青春の土地に、叶わなかった夢を埋める" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント