巻末付録2;九州の美味しいお土産

楽しかった旅を、もう一度楽しむためのもの。
それは、お土産。

またいっぱい買ってきちゃいましたよ。
画像

↑まずは定番のお土産から・・・

↓変わったものもちらほらと。
画像
馬刺しドロップとかね。(笑)
画像
確かに馬刺の味がする?不思議な味。
くまモンぷっちょは、熊本産晩白柚(ばんぺいゆ)味でした。

かように、お土産にはくまモンが大活躍。
画像
娘が買ったくまモンクッキーは部活用。
「くまタイム」30 個入り1430円で、まあまあ美味しい。

ちなみにこれは、娘が買い集めたくまモングッズ・・・
画像
マジマジと見ると、くまモンって面白いデザインです。

熊本銘菓は「陣太鼓」。
画像
くまモンバージョンもあったけど、ここはやっぱりスタンダード。
求肥と小豆ぎっしり、でも上品な甘さ。
さすが銘菓、安定感ある定番の和菓子系みやげです。

定番と言えばこれ、定番中の定番を。
長崎はやっぱりカステラ。
画像
本当は関東でも有名な本家「福砂屋」のを買うつもりが、
試食に負けて杉谷本舗さん。
チョコや抹茶は当たり前、
チーズにざぼん、青梅味まであってちょっと驚く。
画像
青梅味も買っちゃった。
青梅のさわやかな香りが甘さに合って、これまた美味しい。

長崎銘菓をもうひとつ。
なんて読むのか「一○香」。
画像
一口食べるとごまと黒砂糖が香るからだそうですが、
「一口香」じゃないのはやはりその姿形からですかね。
中が空洞ってすごいインパクト。
2分ほどトースターで焼くと、
ゴマの香りと焼きたてのパリッと感が出て、なお美味しかったです。

長崎のお菓子をもうひとつ。
中華菓子の「よりより」。
画像
名前も楽しい、ねじった揚げ菓子。
長崎ではこれが給食にも出るんだとか?
カリッと堅くて噛みごたえあり、確かに子どもの歯とアゴにいいかも。(笑)画像
「よりより」は愛称?本当は唐人巻、
「蘇州林」さんでは「麻花兒(まふぁーる)」という名前でした。
小麦粉と砂糖・塩と油だけの素朴なお菓子なのに、
妙に病みつきになります。
パンやクッキー・ケーキが好きな粉モノみやにはタマラナイ・・・

初日だけにあまりお土産を買わなかった大分県、
しかし唯一買った「謎のとり天せんべい」はどもたちにオオウケ。
画像
本当に鶏肉の味がする~!だって。
原材料にも確かに鶏肉が入ってる。

最後は博多土産、「博多通りもん」。
ミルクやバターたっぷりの白あんマンジュウ。
しっとり濃厚まろやかな味は間違いないお土産です。
画像
こんなに美味しいのに、1コ100円は安いなあ。

ちなみに、「モンドセレクション金賞」とあるけど、
職場でもらった名古屋や京都、群馬のお菓子もみんなモンドセレクションだった(笑)

日本のお菓子はレベルが高いみたいです。


・・・こんな風に、観光の合間を縫って買い集めた九州味めぐりですが、
そのほとんどが博多駅で買えると知ったのは、帰りの新幹線を待つ間。(苦笑)

さすが博多、九州の玄関口ですね。


そうそう、博多といえば辛子明太。
明太子はもちろん、明太マヨも買っちゃった。
画像
明太子せんべい「めんべい」3枚140円や博多めんたい蒲鉾2個155円は、
新幹線のおやつに。

このほか、高菜やゆずこしょうも買い求め、
料理も楽しい旅の思い出。

そんなわけで、まだまだ美味しい九州旅気分を継続中。

美味しいって幸せですね。
そろそろダイエットも頑張ろう(笑)


・・・長々続いた九州旅シリーズもこれにて終わり。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

"巻末付録2;九州の美味しいお土産" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント