思春期の子を持つ親に

最近面白かった本。「望み」雫井脩介
画像
残虐な高校生リンチ死事件。
事件前後から行方のわからない息子は、加害者なのか被害者なのか…

犯罪者でもいいから生きて帰ってほしいと祈る母、
死を意味するとわかっていても息子の無実を信じる父。

母親は、仕事も家庭も、もう一人の我が子の未来さえ捨てても、加害者の親として生きる覚悟をかためる。
一方で、父は息子も被害者だと信じて、殺された少年の葬儀に出る。謗られても殴られても。

息子は犯人かもしれないこと。
息子は死んでいるかもしれないこと。
望みなきふたつの望みの間で、翻弄される両親の心。

愛するのか、信じるのか。
壮絶な二択。

私はどちらかというと父親よりの考え方なのか、
我が息子を犯人だとはどうやっても思えない気がする。
そんなふうには育ててないはず・・・?

食べたいものがあると夕飯の買い物について来て、
当たり前のように荷物を持っては近所の人に挨拶する。
そんな息子の横顔をそっと見る。


思春期の子どもをもつ親にはぜひ読んでもらいたい一冊です。

"思春期の子を持つ親に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント